61a29_1399_491453cc_88f4476a-m.jpg  

 そもそも大臣にすべきではなかった――。今村雅弘復興相(70)が25日、パーティーの講演で東日本大震災の被害を巡り「まだ東北で、あっちの方だったから良かった」と被災者たちの心を傷つける大失言をかまし、26日に辞任した。今村氏は大臣になる以前から問題が多かった。「政治資金でキャバクラで豪遊し浪費で悪名高かった底辺議員だ。東大卒だが頭が悪く人の気持ちが読めない」と警鐘作家の濱野成秋氏はバッサリ斬り捨てた。

 今村氏は4日にも東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還について、記者会見での質疑で平常心を失ったことが問題視され、「本人の責任」との発言で被災者の怒りを買ったばかりだ。

 今回の問題発言があった自民党二階派のパーティーに同じく出席した安倍首相は、今村氏の発言について「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言があった」と陳謝した。今村氏は報道陣に「取り消させていただく。ご心配を掛けたことを改めておわび申し上げる」と述べて謝ったが、もはや手遅れもいいところだ。

 後任には自民党の吉野正芳衆院議員(68=福島5区)を起用する方向。野党は首相の任命責任を追及する方針だ。

 阪神・淡路大震災で大臣に復興資金交渉を行い実現させるなど、災害に詳しい濱野氏は「今村は大臣になるずっと前から、政治資金でキャバクラや居酒屋で豪遊していた。酒を飲むヤツの気持ちは分かるが、政治資金を飲むヤツは大嫌いだ。その浪費で悪名高かった底辺議員が復興大臣に仕立て上げられた。クビにすべきだと思っていた」と大臣交代を評価する。

 政治資金の私的流用だけではなく、今村氏は大臣としての数々の失言がヒドすぎた。いったいなぜ、こうもロクでもない言葉が次々飛び出すのだろうか。

 濱野氏は「東大卒で理解力と記憶力が抜群なのに、得た知識の取捨選択能力というか多角度思考力とか創造性には気の毒なほど頭が回らなく、人の気持ちが読めない。だから
政治家

として的確な答弁がやれてない。暴言失言は後で取り消して、陳謝すれば簡単に片付くと思っている。判断力もない」と言い切る。

 一方で、その経歴にも濱野氏は言及。

「今村は国鉄九州管区の企画部長だった。つまり、日本国有鉄道という赤字大国をつくった元凶で無能国鉄マンの典型。国鉄はみごとに潰れた。ヤツは動労(国鉄動力車労働組合)の矢面に立って罵声を浴びせられたとか…まあ、そういう笑い者だ」

 さらにファッションにも注目した濱野氏は「おまけにヤツの『新世紀エヴァンゲリオン』柄のネクタイ。そいつは版権をもっているアニメ制作会社福島支店からもらったものです。それを首に巻いて原発被害者の気持ちになった気分でいるわけだ」と語る。

 安倍内閣では、中川俊直衆院議員(47)が女性問題を理由に経済産業政務官を18日に辞任したばかり。

「安倍首相の責任は重い」と濱野氏が指摘する通り、野党が任命責任を追及し、政権運営に打撃となるのは必至だ。