Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO 【関西の議論】ブルマー恥辱の歴史―「ちょうちん」後、30年続いた「密着型」 “大人の事情”で女子は恥ずかしい思い…

【関西の議論】ブルマー恥辱の歴史―「ちょうちん」後、30年続いた「密着型」 “大人の事情”で女子は恥ずかしい思い…

ada88_368_234124c631f54d4d3427f4dd76da952e.jpg
昭45(1970)年、密着型ブルマーで体育の授業を受ける女子高校生たち(山本雄二教授提供)

産経新聞

 1960年代半ばから90年代半ば頃まで、女子体操着として長く着用されてきた密着型ブルマー。

 「体形が丸見え」「下着同然」「パンツがはみ出る」…。恥ずかしさと不満がよみがえる方も多いだろう。なぜ学校で採用され、約30年間も継続されてきたのか。そんな疑問に迫った関西大学社会学部の山本雄二教授の著書『ブルマーの謎』(青弓社)をひもとけば、進歩派と保守派のねじれた支持と、学校現場をとりまく“大人の事情”が見えてくる。(横山由紀子)

「ブルマーの謎」 誰が導入? なぜ“はみパン”が教育現場に?

 密着型ブルマーは60年代半ば頃から、中学校を中心に女子体操着として採用され始め、その後、全国の学校で急速に普及した。ただ、導入当時から女子の間で羞恥と不満の対象でもあったという体操着がなぜ、どんな経緯で取り入れられたのか、ということは謎だった。

 「誰も説明できないまま30年間も続いてきた。そんな現象に、組織の力学が働いていると思ったのです」。山本教授は、学生服メーカーなどへの取材や文献の調査を行い、教育学的、社会風俗的な見地からその謎に迫っている。

 そもそも、ブルマーが女子体操着として日本に導入されたのは、1900年代前半頃。袴(はかま)姿で体育を受けるのが不向きとされ、膝下まで大きく膨らんだニッカーボッカー風ブルマーが採用された。その後、長さは次第に短くなり、緩やかに尻を包み込むちょうちんブルマーが60年代半ば頃までの定番だった。それが、あっという間に密着型ブルマーにシフトしたのだ。

 《しゃがんで立ち上がればお尻のほっぺたが顔を出す。……そもそもそれ自体が下着同然であり、しばしば『はみパン』と呼ばれていやがられたように、パンツがブルマーからはみ出して女子に恥ずかしい思いをさせてきた》

 山本教授は「校内に性的な要素を持ち込むことに強い警戒感を抱いてきた学校が、密着型ブルマーを採用したことは、不思議な出来事」と首をひねる。

女子バレー選手への憧れ? 体操選手のレオタード姿に肉体の健康美?

 密着型ブルマーが選ばれた理由や背景について、巷では様々な説がある。有力なのは64年の東京五輪で、旧ソ連の女子バレーボールチームがはいた密着型ブルマーに少女たちが憧れたという説だ。体操着の採用は各学校の裁量に任されているが、「仮に憧れたとして、これまで学校が少女の憧れを制服に反映させたことがあっただろうか」と断じる。動きやすくなったという機能向上説には、「既にちょうちん型が、動きを妨げないよう工夫されており、運動面の機能は変わらなかったといえる」。

 山本教授は、「普及の速度と規模をみて組織的な力学が働いた」と考え、当時の全国中学校体育連盟(中体連)に注目、こう結論付けている。

 当時、発言権を得るために相応の資金を必要とした中体連が学生服メーカーと組んで、従来とは全く違う製品で体操服の総入れ替えを図った。定番だったちょうちん型を密着型に替え、中体連が普及に協力する代わりに一部を寄付金として得る-というものだ。

 「この作戦によって、まずは東京の学校に浸透し、他社も参入して全国津々浦々まで広がっていった」。当時、東京五輪の女子体操選手のレオタード姿を通して、女性の肉体に健康美を見いだす感覚が生まれており、「提案された学校も抵抗感なく容認できたのでしょう」。また、一度導入され定着したものは、そのまま継続されるという「学校現場の奇妙な力学も働いた」とみる。

進歩派と保守派の“ねじれた支持” セクハラの概念浸透でついに消滅

 そんな密着型ブルマーは90年代半ばに消滅する。俗説では、使用済みのセーラー服やブルマーを販売する「ブルセラショップ」の出現で、性的まなざしの対象になったことが原因といわれるが、山本教授は「89(平成元)年の新語・流行語大賞にもなったセクハラの概念が、日本社会に急速に浸透したことが大きい」とみる。

 93年には、シンガポールの日本人学校でブルマー着用を徹底しようとした教師に抗議する生徒の動きが報道され、「強要がセクハラと訴えられてもおかしくない雰囲気が作り出されていった」。そして、密着型ブルマーは姿を消し、ショートパンツやハーフパンツに取って代わった。

 およそ30年間、健康的と見る向きもある半面、女子たちには恥ずかしい思いを強いてきた密着型ブルマー。「身体の解放と自立を肯定する戦後民主主義派と、恥じらう女子に清純さと可憐さをみる婦徳派によって、意図しないまま支えられてきたのではないだろうか」と分析する。学校組織の力学によって普及し、進歩派と保守派のねじれた支持によって、道徳的意味合いが見いだされていたのだ。

 そんな密着型ブルマーは、下半身の防犯と防寒という実利的目的のため、いくぶん姿を変えながら、いまも少女たちのスカートの中でひっそりと生き続けているという。

http://news.livedoor.com/article/detail/12840397/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

穴党じゃダメなんですか?

ニュースエンターテイメント &  じゃらん

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア