◆ヤクルト―3阪神(30日・神宮)

 阪神は逆転負けで連勝が6でストップ。貯金を2とし、2位・巨人との差は1に縮まった。8回に3―3の同点に追いついた直後、4番手・福原が勝ち越しを許した。

 7連勝を狙った阪神は0―0の4回1死からマートン、今成の連打で一、二塁。7番に入った鳥谷が内角低めの変化球を巧みにさばき、右中間への適時二塁打で2点を先制。

 先発・岩田がその裏、畠山に19号ソロを浴びると、6回に崩れた。安打と犠打で1死二塁とされると、四球と死球などで2死満塁。大引に右越えへ逆転となる2点適時打を浴びた。

 8回に同点に追いついたが、直後の裏から登板した4番手・福原がつかまり、再び3―4リードを許すと、そのまま逃げ切られた。