Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO 競馬

第155回天皇賞(春)(GI) 結果

【天皇賞・春】キタサンブラックが史上4頭目の春盾連覇! 1番人気10連敗でストップ

デイリースポーツ 

2017年4月30日(日) | 3回京都4日11R | 15:40発走

第155回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円

結果

払戻金

単勝3220円1番人気
複勝3110円1番人気
6160円3番人気
15110円2番人気
枠連2-31,090円3番人気
馬連3-61,040円2番人気
ワイド3-6260円2番人気
3-15140円1番人気
6-15350円3番人気
馬単3-61,430円3番人気
3連複3-6-15610円1番人気
3連単3-6-153,780円5番人気

競走成績




馬名
性齢⁄馬体重⁄B
タイム
(着差)
通過順位
上3Fタイム
騎手人気
(オッズ)
調教師
123キタサンブラック 牡5/536(-4)/ 3.12.535.3武 豊 58.0(2.2)清水 久詞
236シュヴァルグラン 牡5/468(-6)/ 3.12.71 1/4馬身35.2福永 祐一 58.0(12)友道 康夫
3815サトノダイヤモンド 牡4/506(0)/ 3.12.7クビ35.0C.ルメール 58.0(2.5)池江 泰寿
4510アドマイヤデウス 牡6/490(+4)/ 3.12.8クビ35.2岩田 康誠 58.0(100)梅田 智之
547アルバート 牡6/480(+2)/ 3.13.33馬身35.3川田 将雅 58.0(22.4)堀 宣行
659ディーマジェスティ 牡4/486(-2)/ 3.13.51 1/2馬身35.6蛯名 正義 58.0(35.8)二ノ宮 敬宇
7612ゴールドアクター 牡6/494(-4)/ 3.13.63/4馬身35.5横山 典弘 58.0(20.7)中川 公成
8713トーセンバジル 牡5/480(-2)/ 3.13.7クビ35.5四位 洋文 58.0(79.6)藤原 英昭
911シャケトラ 牡4/508(-2)/ 3.13.7クビ36.0田辺 裕信 58.0(9.9)角居 勝彦
1035ファタモルガーナ せん9/494(+2)/ 3.13.81/2馬身35.8浜中 俊 58.0(219.1)荒川 義之
11714ワンアンドオンリー 牡6/496(0)/ 3.14.12馬身36.6和田 竜二 58.0(113.9)橋口 慎介
12816レインボーライン 牡4/442(-6)/ 3.14.31 1/4馬身35.7M.デムーロ 58.0(23.2)浅見 秀一
1348タマモベストプレイ 牡7/488(-2)/ 3.15.15馬身36.7吉田 隼人 58.0(211.5)南井 克巳
1424スピリッツミノル 牡5/498(0)/ 3.15.21/2馬身36.6幸 英明 58.0(221.1)本田 優
15817ヤマカツライデン 牡5/532(+8)/ 3.15.73馬身38.7松山 弘平 58.0(134.2)池添 兼雄
16611プロレタリアト 牝6/434(-4)/B 3.15.91 1/4馬身37.1杉原 誠人 56.0(326.8)小島 茂之
1712ラブラドライト せん8/492(+16)/B 3.16.21 1/2馬身37.7酒井 学 58.0(167.7)斉藤 崇史

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

第48回読売マイラーズカップ(GII) 第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII) 結果

【マイラーズC】2番人気イスラボニータが勝利

東スポWeb

20170423-00000009-tospoweb-000-2-view.jpg

マイラーズカップを制したイスラボニータ

2017年4月23日(日) | 3回京都2日11R | 15:35発走

第48回読売マイラーズカップ(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 | レコードが出たレース

結果

払戻金

単勝11380円2番人気
複勝11140円2番人気
4130円1番人気
6370円7番人気
枠連4-8490円1番人気
馬連4-11570円1番人気
ワイド4-6920円13番人気
4-11250円1番人気
6-111,110円15番人気
馬単11-41,240円3番人気
3連複4-6-112,910円11番人気
3連単11-4-612,430円42番人気

競走成績




馬名
性齢⁄馬体重⁄B
タイム
(着差)
通過順位
上3Fタイム
騎手人気
(オッズ)
調教師
1811イスラボニータ 牡6/488(+8)/ 1.32.232.9C.ルメール 57.0(3.8)栗田 博憲
244エアスピネル 牡4/484(0)/ 1.32.31/2馬身32.9武 豊 56.0(3.1)笹田 和秀
366ヤングマンパワー 牡5/514(-4)/ 1.32.43/4馬身33.6松岡 正海 56.0(18.8)手塚 貴久
478ブラックスピネル 牡4/502(-4)/ 1.32.4クビ32.8M.デムーロ 56.0(4.8)音無 秀孝
511サンライズメジャー 牡8/492(+2)/ 1.32.51/2馬身33.7松若 風馬 56.0(95.8)浜田 多実雄
633フィエロ 牡8/500(-4)/ 1.32.71 1/4馬身33.7福永 祐一 56.0(9)藤原 英昭
767プロディガルサン 牡4/504(0)/ 1.32.81/2馬身32.9川田 将雅 56.0(6.5)国枝 栄
855ダッシングブレイズ 牡5/502(-2)/ 1.33.01 1/4馬身33.4浜中 俊 56.0(11.5)吉村 圭司
922アクションスター 牡7/472(0)/ 1.33.13/4馬身33.1佐藤 友則 56.0(204.7)音無 秀孝
1079クルーガー 牡5/528(+14)/ 1.33.1ハナ33.9松山 弘平 57.0(23.2)高野 友和
11810シェルビー 牡8/522(0)/ 1.33.63馬身33.5四位 洋文 56.0(258)笹田 和秀

【フローラS】12番人気モズカッチャンが勝利 オークス出走権ゲット

東スポWeb 

20170423-00000010-tospoweb-000-2-view.jpg

フローラSを勝利したモズカッチャン

2017年4月23日(日) | 2回東京2日11R | 15:45発走

第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

結果

払戻金

単勝13,720円12番人気
複勝1730円11番人気
7730円10番人気
14200円2番人気
枠連1-46,640円23番人気
馬連1-732,010円67番人気
ワイド1-76,640円64番人気
1-142,640円26番人気
7-141,800円17番人気
馬単1-767,650円138番人気
3連複1-7-1435,940円111番人気
3連単1-7-14397,370円952番人気

競走成績




馬名
性齢⁄馬体重⁄B
タイム
(着差)
通過順位
上3Fタイム
騎手人気
(オッズ)
調教師
111モズカッチャン 牝3/468(0)/ 2.01.333.9和田 竜二 54.0(37.2)鮫島 一歩
247ヤマカツグレース 牝3/448(0)/ 2.01.3クビ34.4横山 典弘 54.0(32.2)池添 兼雄
3714フローレスマジック 牝3/452(-4)/ 2.01.3アタマ34.3戸崎 圭太 54.0(4.1)木村 哲也
436タガノアスワド 牝3/492(-12)/ 2.01.61 3/4馬身35.0国分 恭介 54.0(11.5)五十嵐 忠男
5816レッドコルディス 牝3/460(-8)/ 2.01.6クビ34.1北村 宏司 54.0(36.2)高橋 義忠
6713アロンザモナ 牝3/466(+4)/ 2.01.81馬身34.6柴田 善臣 54.0(128.9)西浦 勝一
759アドマイヤローザ 牝3/458(-2)/ 2.01.91/2馬身34.0岩田 康誠 54.0(12.6)梅田 智之
835ホウオウパフューム 牝3/480(0)/ 2.01.9ハナ34.2田辺 裕信 54.0(2.1)奥村 武
9611ビルズトレジャー 牝3/468(-4)/ 2.01.9クビ34.3田中 勝春 54.0(30.3)田中 剛
10715ニシノアモーレ 牝3/424(-4)/B 2.02.0クビ33.9大野 拓弥 54.0(63.6)上原 博之
1112ザクイーン 牝3/478(0)/ 2.02.0クビ34.9池添 謙一 54.0(14.8)角居 勝彦
1223キャナルストリート 牝3/446(-8)/ 2.02.11/2馬身34.9蛯名 正義 54.0(29.8)大竹 正博
1348ドリームマジック 牝3/454(-4)/ 2.02.2クビ34.4石川 裕紀人 54.0(85)中川 公成
14612ディーパワンサ 牝3/438(-2)/ 2.02.41 1/4馬身34.9内田 博幸 54.0(15.5)松下 武士
1524レッドミラベル 牝3/446(-6)/ 2.02.53/4馬身35.0吉田 豊 54.0(18.8)尾関 知人
16818ピスカデーラ 牝3/446(-12)/ 2.02.5クビ35.4荻野 極 54.0(229.8)池添 学
17817ラユロット 牝3/496(+6)/ 2.02.73/4馬身34.3木幡 育也 54.0(151.4)藤沢 和雄
18510メイショウササユリ 牝3/482(-2)/ 2.03.44馬身35.4武士沢 友治 54.0(258.5)松永 幹夫

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

第77回皐月賞(GI) 結果

【皐月賞】9番人気のアルアインが皐月賞を制覇 3連単は100万馬券に

デイリースポーツ 


2017年4月16日(日) | 3回中山8日 11R| 15:40発走

第77回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円

結果

払戻金

単勝112,240円9番人気
複勝11650円9番人気
7320円4番人気
101,340円12番人気
枠連4-62,380円10番人気
馬連7-118,710円31番人気
ワイド7-106,770円58番人気
7-112,250円25番人気
10-1116,960円102番人気
馬単11-720,720円67番人気
3連複7-10-11176,030円306番人気
3連単11-7-101,064,360円1646番人気

競走成績




馬名
性齢⁄馬体重⁄B
タイム
(着差)
通過順位
上3Fタイム
騎手人気
(オッズ)
調教師
1611アルアイン 牡3/518(-2)/ 1.57.834.2松山 弘平 57.0(22.4)池江 泰寿
247ペルシアンナイト 牡3/480(-2)/ 1.57.8クビ34.1M.デムーロ 57.0(8.1)池江 泰寿
3510ダンビュライト 牡3/466(-4)/ 1.57.93/4馬身34.3武 豊 57.0(56.1)音無 秀孝
4816クリンチャー 牡3/476(0)/ 1.58.11 1/4馬身34.8藤岡 佑介 57.0(76.7)宮本 博
535レイデオロ 牡3/484(+8)/ 1.58.2クビ34.0C.ルメール 57.0(10.4)藤沢 和雄
612スワーヴリチャード 牡3/504(+4)/ 1.58.2クビ34.3四位 洋文 57.0(7)庄野 靖志
748ファンディーナ 牝3/504(-4)/ 1.58.3クビ34.8岩田 康誠 55.0(2.4)高野 友和
8817ウインブライト 牡3/466(+6)/ 1.58.3アタマ34.5松岡 正海 57.0(14.7)畠山 吉宏
924カデナ 牡3/452(-8)/ 1.58.3クビ34.4福永 祐一 57.0(7.2)中竹 和也
1059プラチナヴォイス 牡3/504(0)/B 1.58.3アタマ34.5和田 竜二 57.0(41.7)鮫島 一歩
11713サトノアレス 牡3/500(0)/ 1.58.41/2馬身33.9戸崎 圭太 57.0(19.8)藤沢 和雄
1236アウトライアーズ 牡3/480(-2)/ 1.58.4アタマ34.3田辺 裕信 57.0(16.5)小島 茂之
13818トラスト 牡3/472(+4)/ 1.58.61馬身35.3柴田 大知 57.0(153.6)中村 均
1423コマノインパルス 牡3/460(-2)/ 1.58.6クビ34.5江田 照男 57.0(127.3)菊川 正達
15714キングズラッシュ 牡3/520(-2)/ 1.58.71/2馬身34.3柴田 善臣 57.0(224.4)久保田 貴士
1611マイスタイル 牡3/452(+2)/ 1.59.65馬身35.8横山 典弘 57.0(79)昆 貢
17715アダムバローズ 牡3/498(-6)/ 2.00.34馬身37.0池添 謙一 57.0(43.7)角田 晃一
18612アメリカズカップ 牡3/446(-4)/ 2.00.51 1/2馬身36.4松若 風馬 57.0(84.1)音無 秀孝

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2017競馬界はこの「2大V字回復騎手」を狙え!(2)岩田康誠は“岩田マジック”が炸裂

20170420n-250x250.jpg
 もう1人のV字回復騎手、岩田康誠(43)も、昨年、68勝に終わったスランプから脱し、復活ぶりが著しい。22勝でリーディング9位(4月2日現在)という数字は驚くほどではないが、昨年、JRA重賞0勝だったのが、今年はすでに3勝しているのだ。

「ひとつ言えることは、木幡初広(51)や横山典弘(49)が、(騎手として活躍する)息子たちが脚光を浴びることで刺激を受けていること。岩田も自分の息子が2年後には競馬学校を卒業して騎手になるので、その時には一緒に戦いたいと思っている。その息子のためにも、立派な騎手になりたい、と思っているんです」(栗東トレセン関係者)

 一時の成績低下の一因は、社台から距離を置かれたことにあるという。栗東トレセン関係者が続ける。

「(15年暮れの)リオンディーズの乗り替わりがかなりショックだったようです。ヘマをしてならしかたありませんが、新馬戦を勝ってM・デムーロ(38)への乗り替わりですからね。そのデムーロは直後に、朝日FS(GI)を勝った。外国人旋風に飲まれた感がありますが、あれでかなり自信をなくしていました。それがようやく吹っ切れたんでしょう。今年は『何でこんな馬を動かせるんだ』という“岩田マジック”が随所に見られますね」

 3月26日の高松宮記念(GI)での、レッツゴードンキ(2着)のイン突きなどは、その最たるもの。デムーロに競り勝ったあのシーンを見て、今年の岩田の勢いを確信したファンは多いのではないか。

 その前日、日経賞(GII)のアドマイヤデウス(3着)でも、豪腕は炸裂。10番枠から出るとすぐにインの3番手に入れ、直線でもそのまましぶとく粘り込ませたのだ。6番人気の馬をこうして馬券圏内に持ってくる、まさに“岩田マジック”の本領発揮だった。

 その復活を後押しするような、強力なパートナーも存在する。言うまでもなく、皐月賞(GI)で、牝馬として69年ぶりの「快挙」が期待されているファンディーナだ。もし強力な牡馬勢を蹴散らすようなら、岩田も大きくクローズアップされることになるだろう。

 さて、岩田を語る場合、かねてから物議を醸している、あの「トントン騎乗」に触れないわけにはいかない。長めに手綱を持って上体を起こし、脚を使って下から追いまくるスタイルだが、「馬の背中を痛める」「荒っぽすぎる」といった意見があるのは事実。兜氏が言う。

「今のところはズブい馬に騎乗した際や、ゴール前であとひとふんばりさせたい時には有効と見なされ、おとがめなどは受けていません。特に力のいるダートコースでは顕著で、それは岩田の成績を見てもハッキリしている。22勝中、12勝がダート戦なのです。そのいい例が、3月26日の中京・3歳未勝利混合ダート1400メートル戦。8番人気のルアで逃げてハナ差の1着に持ってきましたが、まさに真骨頂でした」

 内田同様、地方から移籍した天才の馬券は、狙う価値十分なのである。

http://www.asagei.com/excerpt/79118

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2017競馬界はこの「2大V字回復騎手」を狙え!(1)内田博幸が好調の理由

20170420m-250x250.jpg
 まさにV字回復と言うにふさわしい騎手が2人、目をみはる騎乗を見せている。豪腕と称されながら失速、低迷。そして今年、しんがりから一気にまくるかのような活躍で、オイシイ馬券を演出しているのだ。

 ここ数年の鬱積を晴らすかのように勝ち星を重ね、4月2日現在、34勝でリーディング3位。美浦トレセン関係者が、

「昨年の89勝を大きく上回るペース。4年ぶりの年間100勝超えは確実でしょうね」

 と称賛するのが、内田博幸(46)である。V字回復を果たした要因はどこにあるのか。美浦トレセン関係者が続けて言う。

「戸崎圭太(36)との関係ですね。厩舎サイドやサークル全体が『戸崎、戸崎』となびいているでしょ。同じ南関東からJRAに移籍した先輩としては、忸怩たる思いがあったんですよ。アッという間に追い越され、去年なんか倍以上の差をつけられましたからね」

 昨年、187勝でリーディングトップだった戸崎は今年、内田の後塵を拝している。

 その忸怩たる思いを解消するきっかけとなったのは、昨年暮れの東京大賞典。アポロケンタッキー(5番人気)での勝利だった。競馬ライター・兜志郎氏が振り返る。

「武豊(48)騎乗の1番人気アウォーディを潰してみせた勝利後のインタビューで『戻って来ました、この大井に!』と喜びを表していましたが、復活宣言をしているように思えました。このレースには、戸崎もコパノリッキーに騎乗していましたが、有無を言わさず4コーナーでかわしていった。先輩の意地を見せつけた騎乗ぶりには、見ているほうもシビレましたね。この勝利は、間違いなく自信につながったと思います」

 その騎乗ぶりに幅が出てきたことについても、

「近年は正攻法で好位につけ、直線でジリジリ伸ばす騎乗が目立つこともあったが、今年に入り、『へぇ、こんな乗り方もできるんだ』とビックリさせるような騎乗ぶりも披露しています」(トラックマン)

 例えば3月4日の中山・4歳以上1000万下牝馬のダート1800メートル戦。メリーウィドウ(5番人気)に騎乗した内田はペースが遅いと見るや、向こう正面で猛スパートを開始。15番手から3コーナー前で一気に先頭に立ち、そのまま押し切ってみせたのだ。まるで12年の皐月賞、有馬記念のゴールドシップを彷彿させるような乗り方で、見ている誰もがうなってしまったほどだった。

 4月2日の阪神・マーガレットステークス(芝1400メートル、3歳オープン混合)での騎乗ぶりも光る。先行脚質のオールザゴー(3番人気)のスタート決まらず前に行けなくなると、無理せずにしまい勝負の判断に切り替えた。直線で最後方から来た馬を競り落としたあと、ゴール前では前を行くクインズサリナをきっちり差し切ったのだ。

 これには馬を管理する矢作芳人調教師も「新境地を開いてくれた。これでNHKマイルカップ(GI)には3頭出しで臨めそうだ。内田にはオールザゴーかタイセイスターリーのどちらかに乗ってもらう予定」と大喜びだった。

「矢作師といえば、もともと生まれも育ちも大井競馬場。そんな境遇もあって、大井からJRAにやって来た内田を早くからかわいがり、頼りにもしていた。これからも矢作厩舎の馬に内田が乗ってきた時には注意が必要でしょう」(前出・兜氏)

 さらに今年の内田で忘れてならないのは、人気薄の馬を勝利させ、穴を数多く提供していること。4月1日のダービー卿CT(GIII)を5番人気馬で勝ったのをはじめ、4番人気以下の馬で12勝しているのだ。この点が、人気馬で勝つことの多い戸崎やC・ルメール(37)との大きな違いと言えるのではないか。

http://www.asagei.com/excerpt/79114

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

穴党じゃダメなんですか?

ニュースエンターテイメント &  じゃらん

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア