Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO 自動車・航空機・鉄道・船舶等

【関西の議論】もはや文化、多様化する「飛び出し坊や」の世界…誕生40年余、発祥の地・滋賀でキャラクタービジネスも

2ce1f_368_f9d280e4aef9112aaffb02e2ae287ebf-m.jpg
 道路脇から今にも飛び出す構えの少年の姿。

 ドライバーに子供の飛び出し注意を促す「飛び出し坊や」と呼ばれる交通啓発看板は今や各地で見られるが、約40年余り前に滋賀県で設置されたのが最初とされる。その発祥の地・滋賀では近年、ちょんまげを付けたでっち姿や身長180センチの巨大坊やなど、バラエティー豊かなオリジナル坊やが続々と誕生。グッズや着ぐるみなどキャラクタービジネスも活発化している。ボランティアらが中心になって初の県内調査も行われたが、そこから見えてきたのは、長年にわたり地域の深い愛情に包まれ成長してきた坊やの姿だった。(杉森尚貴)

オリジナルデザインの飛び出し坊や

 飛び出し坊やは昭和48年に同県の旧八日市市(現東近江市)の看板業者が市社会福祉協議会から依頼を受けて製作、道路に設置されたのが始まりとされる。後にイラストレーターのみうらじゅん氏が紹介し、よく知られるようになった。

 初の“生息調査”を行ったのは、ふだんは琵琶湖の生物の生息を研究している県立琵琶湖博物館(草津市)。博物館に登録するボランティアに依頼し、昨夏から県内全域で調査を行い、今年2月に結果をまとめたところ、興味深い事実が次々と明らかになった。

 まず設置箇所は、信号のない交差点や民家の出入り口付近など交通事故の危険が大きい地点に多かった。これは予想通りだが、調査できた466体中、半数近くの208体は保存状態が良好で、落書きなどいたずらされている坊やは一体もなかった。

 電柱や看板などへの落書きはよく見られるが、滋賀での坊やはやはり特別な存在なのか。そもそも調査のきっかけは、博物館で今年度の課題を話し合っているときにボランティアから「飛び出し坊やに関する地域愛を確かめたい」との意見が出たからだった。

でっち、ニワトリ、アユ…商店のPRにも

 調査では、オリジナルデザインの飛び出し坊やが増えていることも分かった。近江商人発祥の地として今も商人屋敷の町並みが残る近江八幡市の旧市街地。その一角にある文久3(1863)年創業の老舗和菓子店「和た与」の店頭には、ちょんまげに前掛け姿の飛び出し坊やがいた。

 5代目店主の小川与志和さん(51)によると、かつて商家に奉公した「でっち小僧」をモデルにしたという。同店の看板商品は、でっち小僧が故郷に帰る際に店がもたせたとされる「でっち羊羹(ようかん)」。看板は商品のPRも兼ねて約1年半前に作ったところ、訪れる観光客が増えたという。

 千葉県出身の小川さんの妻が滋賀で見かける飛び出し坊やに興味をひかれ、提案したことも、看板作りのきっかけになった。小川さんは「私たちからすると、どこにでもいる当たり前のものなのですが…。このように派生させると観光客に楽しんでもらうこともできるとわかりました」と話す。

 ちなみに旧市街地の日牟礼八幡宮の周辺には、商店のPR用に作ったオリジナル坊やが多い。アユ料理店のアユを抱えた坊や、精肉店の牛を模した坊やや鶏のトサカを付けた坊やなど、10体ほど確認されたという。新たなキャラを探してみるのも楽しいかもしれない。

市役所の執務室にも

 坊やのふるさと・東近江市。市役所交通政策課に入ると、交通安全のタスキを巻き、JFL所属の地元のサッカークラブ「MIOびわこ滋賀」のユニホームを着た飛び出し坊やがいた。

 タスキは、市内の9つの中学校で生徒たちが交通安全活動に使うタスキと同じ。坊やは市役所内にいながら、生徒たちと一緒に“活動”しているのだ。同課の大和田莉加さんは「来庁者に交通政策課の場所を案内する際のランドマークになっている。私たちの町の交通安全のシンボルです」と話す。

 誕生の地とあって、同市内では特に坊やの姿が目立つ。広報課によると、等身大の飛び出し坊や、顔が3Dの坊やもいるという。

愛されてグッズ化

 一方、キャラクタービジネスも活発化。東近江市の輸入雑貨商でライターの川村潤市さん(45)は、ストラップなど飛び出し坊やのグッズを作り、販売している。平成20年にフリーペーパーで坊やの起源を調べて記事にしたのをきっかけに坊やのとりこになり、「交通安全の輪とともに、滋賀県の文化として全国に広められないか」と考えたという。

 最初は知人のカフェなどに置いてもらって浸透を図り、今はホテルなどにも販売。22年ごろには着ぐるみも作り、キャラクターイベントにも参加。着ぐるみは昨年、東近江市が地元をPRする「コミキャラ」の一つに選ばれた。

全国の坊や参集

 同県守山市のリゾートホテル「ラフォーレ琵琶湖」では毎年、「飛び出し坊やコレクション会」を開いており、全国から集めた坊やの展示や関連グッズの販売を行っている。

 企画した管理課長の山極明宏さん(50)は自身も坊やのファンで、ブログで各地の坊やの写真をアップロードするうちにコレクション会の開催を思い付いたという。「各地の坊やたちも、破損や劣化すると地元の人が改良や新調している。地域の人の愛で生きているように感じる」と山極さん。

 グッズの売り上げも好調で、当初はストラップとTシャツの2種類だったが、現在はノートやクッキーなど約20種類になった。

 滋賀県“名産”の飛び出し坊や。本来の役目も果たしながら、多彩なバリエーションがまだまだ増殖しそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/12825819/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

クルマの「♪キンコン」いつ消えた? 速度警告音が聞こえなくなったワケ

s_trafficnews-66448.jpg
かつての普通自動車では、100km/hを超えると速度警報音が鳴っていたという。写真はイメージ(画像:blueone/123RF)。

(乗りものニュース)

かつてのクルマは、高速走行時に「♪キンコン♪キンコン」と警報音が鳴りましたが、それはいつ、どうして鳴らなくなってしまったのでしょうか。

「カローラ」ではいつから鳴らなくなった?

 記者が子供のころに乗っていた家のクルマでは、高速道路を走っているときに「♪キンコン♪キンコン」というチャイムのような警報音が鳴っていました。しかし、クルマを買い替えるにつれ、この音はいつの間にか聞こえなくなりました。

 この速度警報音、いつから鳴らなくなったのでしょうか。40年以上の歴史をもつトヨタ「カローラ」でその変遷をたどるべく、トヨタ広報部に聞いてみました。

――昔の「カローラ」は「♪キンコン♪キンコン」という音が鳴っていたのでしょうか。

 はい。カローラのような普通自動車では速度が100km/h以上、軽自動車は80km/h以上になると警報音が鳴るように設定されていました。

――いつから鳴らなくなったのでしょうか?

 法規制が撤廃されたことを受け、1987(昭和62)年5月に発売した6代目「カローラ」から廃止しました。ただしこのときはオプションで設定できるようにしました。

――なぜなくなったのでしょうか?

 上記の法規制撤廃が理由ですが、輸入車メーカーからの反対と、警告音が眠気を誘導する可能性があることから、安全対策上の観点からも撤廃されたと聞いています。

※ ※ ※

 当時の輸入車メーカーが反対した裏には何があったのでしょうか。業界団体である日本自動車輸入組合によると、この速度警告音は日本独自の装備であるとして、日米自動車協議の場でアメリカ政府から日本に対して撤廃が求められたそうです。同協会は「その裏に米自動車メーカーの意向があることは明白」と話します。

 なお、自動車検査場での検査を手掛ける自動車技術総合機構によると、かつて速度警告音を発する装置は保安基準第46条第2項「速度警報装置の装備要件及び性能要件」において装備が義務づけられており、車検においても、速度メーターの誤差や振れ具合のチェックとともに、音が鳴ることを確認していたそうです。

 ところが、1986(昭和61)年3月に、この第46条第2項は項目そのものが削除されたといいます。自動車技術総合機構によると「速度警告音のように保安基準上から項目そのものが撤廃される例は珍しいかもしれない」とのことです。

http://news.goo.ne.jp/article/trafficnews
/trend/trafficnews-66448.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

三菱自動車がフィリピンでひっそり『ミラージュ』生産開始の思惑

155391cf14.jpg

 スラム街や治安の悪さなどのイメージが先行するフィリピンだが、近年は経済が堅調に拡大しており、昨年の自動車販売台数は40万台超えと前年比で25.2%増の推移を見せた。
 「最も売れている自動車メーカーはトヨタ、そして第2位のシェアを誇るのが三菱自動車です。トヨタと三菱自だけで新車販売の半数以上を占めていますから、そのブランド力は圧倒的と言えます」(経済誌記者)

 そんなフィリピンは2015年に導入された「包括的自動車産業振興戦略プログラム」により、自動車の国内生産に力を入れている。内容は国内生産した車に対して補助金などの恩典を与えることで、自動車の国内生産を促進させる目的だ。
 「このプログラムにトヨタと三菱自から、それぞれ1車種ずつ選ばれました。三菱自からは『ミラージュG4(アトラージュ)』で、2月17日に現地工場の製造ラインが稼働を開始しました」(同)

 『ミラージュ』と言えば、三菱自を代表するコンパクトカーとして知名度は高く、'00年に一度生産を終了したものの、'12年に“6代目”として復活。その際はタイ工場で生産し、日本への逆輸入で話題となった。
 しかし、目の肥えた日本のユーザーはタイ製『ミラージュ』に見向きもせず、当初の目標値の半分ほどしか売れなかった。
 「そもそも6代目は世界戦略車として開発され、特に東南アジアをはじめとした新興国市場を意識していました。日本人が車に求めるものと、かけ離れているのは当然です。今回も日本のマーケットなどは意識していないでしょう」(自動車アナリスト)

 日本国内で販売不振の三菱自が海外で積極的な展開を図るのは理解できるが、一方で昨年、米フォードが日本事業を撤退させるなど、あえて日本市場を軽視しようという動きもある。米トランプ大統領がにおわす“ジャパン・バッシング(日本叩き)”だけでなく、海外企業が日本の存在感を軽んじる“ジャパン・パッシング(日本素通り)”まで加速するかもしれない。それは考え過ぎか…。

http://npn.co.jp/article/detail/69890988/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

20代“女性”電車運転士の悩み「鉄道マニアの対応がつらい」

 運転士や車掌、駅員と言えば高倉健の『鉄道員』よろしく男の仕事というイメージも強い。が、ここ数年、明らかに女性の運転士や車掌が目につくようになった。

866e0af7013b8578f603dcf982f74078_s-550x366.jpg
※写真はイメージです

「それでも女性は少数派です。『女性に運転ができるわけがない』みたいなことを言うベテラン鉄道員も意外といます。ただ、乗務すれば1人だけですからセクハラされることもないし、困ることはほとんどないですね」

 こう話すのは、大手鉄道会社で運転士を務める20代の女性。むしろ厄介なのは、勤務体系だという。

「とにかく不規則です。終電近くまで乗務して、数時間の仮眠を取ってから始発電車に乗務することも頻繁にあり、ダイヤが乱れると仮眠もまともに取れないこともある、どう考えてもお肌にはよくない仕事ですよね。すべての女性運転士や車掌に共通する悩みだと思います。一般の仕事の男性と付き合っても時間が合わずにすぐに別れちゃうし、友達も減る。それが一番キツいですね(笑)」

 また、「利用者に絡まれることが男性と比べて多いような気がする」とは大手私鉄の女性運転士。

「オッサンに『これだから女はだめだ』みたいなことを言われることがよくある。それが原因で辞めたコも少なくありません」

 しかし、こういったハラスメント以上につらいのが鉄道マニアへの対応なんだとか。

「女性運転士や車掌の大半は鉄道好きでもなんでもないのですが、鉄オタ女子だと思って話し掛けてくるマニアがいるんです。それだけならまだいいですが、わざと細かすぎる質問をぶつけてきて、わからないと勝ち誇ったような顔をして『勉強不足だよ、キミ』みたいなことを言うヤツらは本当にウザい!」

 なかには仕事中の様子をじっと見られたり、スマホのカメラで撮影されることもあるとか。少数ながら頑張っている、女性運転士や車掌には迷惑をかけないように!

【ココがつらいよ!】
女性というだけで鉄オタ扱いされマニアに絡まれる

― 業種別[職場マイノリティ]はつらいよ ―

https://nikkan-spa.jp/1262546

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

<銚子電鉄>走行中車内でコブラツイスト プロレス興行挑戦

m_mainichi-20170228k0000m040059000c.jpg
記者会見後、電車の前に立つ銚子電鉄の竹本勝紀社長(左から2人目)とDDTプロレスの選手たち=千葉県銚子市の仲ノ町駅構内で2017年2月27日、近藤卓資撮影

(毎日新聞)
 ◇レスラー10人が次々参戦し肉弾戦

 経営難にあえぐ千葉県銚子市のローカル線・銚子電鉄が、DDTプロレス(東京都新宿区)と組み、4月16日にプロレス興行に挑む。選手たちが肉弾戦を繰り広げる舞台は、走行中の車内だ。

 仲ノ町−外川駅間を往復する臨時列車内で数人が闘い始め、途中駅で新たなレスラーが次々参戦。最終的に約10人になる。コブラツイストやラリアットなどの有名技や、つり革を使った技も見られそうだ。

 全席指定40席(1席5000円)。老朽化した車両や駅舎の整備費用を集めようと、あの手この手で新企画を打ち出す銚子電鉄。竹本勝紀社長は「ワクワクしていますが、壊さないでね」。【近藤卓資】

http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation
/mainichi-20170228k0000m040059000c.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

穴党じゃダメなんですか?

YoutubeJapan ユーチューブジャパン

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア