Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO 野球

これぞ手のひら返し?侍ジャパン・小久保監督に「辞めないで」コール

20170324_asagei_kokubo-250x250.jpg
 もはや彼を責める声は皆無かもしれない。

 無傷の6連勝を飾るも22日の準決勝でアメリカに接戦の末、惜しくも敗れた我らが侍ジャパン。2失点どちらもエラーが絡むという、アウェーの日本にとっては皮肉な結果となったが、ジャパン野球が世界に十分通用することを改めて教えてくれた大会となった。

 また、日本はWBCには強化試合で負け越して臨んだこともあり「史上最弱の侍ジャパン」とも呼ばれ、第1ラウンド&第2ラウンドでの敗退を予想していた意地悪な野球ファンも多かったことから、今回のベスト4という結果には世間の人々もおおむね納得しているようだ。

 そして、今大会で株を上げた侍ジャパンのメンバーには、ここぞという場面で結果を出した筒香嘉智(横浜DeNA)や、幾度となく守備で日本のピンチを救った菊池涼介(広島)などが挙げられるが、株の上がり幅を考えれば一番評価が変わったのは、やはりチームを率いた監督の小久保裕紀だろう。

「監督はおろかコーチなどの指導者としての経験もなかった小久保。15年の『第1回WBSCプレミア12』やWBC開幕前の強化試合で成績が残せていなかったこともあり、侍ジャパンのメンバー発表には目もくれず、小久保叩きに走る人も多かった。それでも今大会では目立った采配ミスはなかったこともあり、純粋な野球ファンはもちろん、アンチも叩く余地がない」(スポーツ紙記者)

 敗戦後のインタビューでも、小久保監督は「一発勝負でこれは非常に難しい戦いで選手は責められない」「開幕前にリスクがありながらこのユニホームに袖を通してくれた選手に感謝したいです」と、選手たちの頑張りを称えていたが、ネット上でも「よくチームをまとめあげてくれた」「いろいろ言われてたけど頑張った」「次回のWBCも是非お願いします」「小久保さん、辞めないで」と、これぞ手のひら返しといった小久保監督の称賛コメントがあふれたようだ。

「しかし、小久保監督は喜んではいないはず。やはり結果が全ての世界ですから、優勝どころか決勝戦にチームを導けなかったことも事実。勝てたのは地元の東京だけで、天然芝のメジャーのグラウンドで弱点を露呈したことは悔しかったでしょう。本人は『契約はここまで』と語っていましたが、一発勝負の怖さを知ったうえで、次回も監督を任せてみたいとファンが思うのも当然。毎回コロコロ変えていては、結局同じことの繰り返しになりかねませんからね」(前出・スポーツ紙記者)

 今回で終わりと言われていたWBCもどうやら存続の可能性が高いだけに、批判を跳ね返した小久保ジャパンのリベンジを見てみたいのが国民の本音だろう。

(本多ヒロシ)

http://www.asagei.com/excerpt/77829

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

夏の選手権に比べて春の選抜のほうが初出場校の快進撃が起こりやすい?

20170324_asagei_koushien-250x250.jpg
 大会初日の第1試合で至学館との初出場校対決を制し、みごと2回戦へ進出した呉(広島)。その呉にはある記録への期待がかかっている。ズバリ“初出場初優勝”である。

 実は夏の選手権に比べて春の選抜のほうが、初出場校の快進撃、旋風が起こりやすいのだ。昭和以降では、春夏を通じて初出場で初優勝を成し遂げたのは、夏の3校に対して、春は10校を数えるのである。

 昭和9年の東邦商(現・東邦=愛知)に始まり昭和25年の韮山(静岡)、昭和28年の洲本(兵庫)、昭和39年の徳島海南(現・海部=徳島)、昭和43年の大宮工(埼玉)、昭和47年の日大桜丘(東京)、昭和59年の岩倉(東京)、昭和60年の伊野商(高知)、平成7年の観音寺中央(香川)、平成16年の済美(愛媛)まで計10校。80年代以降でも、決勝戦であの“KKコンビ”のPL学園(大阪)を完封した山口重幸(元・阪神)投手擁する岩倉、準決勝で清原和博(元・読売)から3打席3三振を奪い、PL学園を力でねじ伏せた渡辺智男が投打の大黒柱だった伊野商、香川県勢に35年ぶりの優勝をもたらした観音寺中央、そして大会史上最速の創部3年目で優勝した済美と4チームもあるのだ。準優勝に限っても、夏の2校に対して春は6校もあるのである。

 呉の2回戦の相手は昨秋の明治神宮大会覇者で、今大会も優勝候補筆頭の大本命・履正社(大阪)だ。確かに簡単に勝てる相手ではないが、過去にこうした旋風を巻き起こしたチームは必ずといっていいほど“大物食い”を果たしてきた。初戦、2点のビハインドを9回に追いつき、延長12回にまでもつれこむ激戦を制した呉には勢いがある。果たしてその勢いで、“打倒・履正社”を成し遂げ、勝ち進むことが出来るか。

(高校野球評論家・上杉純也)

http://www.asagei.com/excerpt/77827

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

センバツネット裏情報 「あのルール変更」に高校野球はどんな準備をする?

51517059.jpg
 メジャーリーグで今季から『敬遠四球の申告制』が導入される。2016年、プロ野球がメジャーよりも“1年遅れて”コリジョンルールを採用した。こうした経緯を考えると、来年の今頃、プロ野球と日本国内のアマチュア、学生野球も『敬遠四球の申告制』を取り入れているかもしれない。プロ、アマチュアともに国際試合を戦う際、ルールが違えば混乱も生じかねないからだ。

 『敬遠四球の申告制』に関する是非は、各メディアが報じている。プロ野球各球団首脳陣、解説者など意見はさまざまだが、高校球界は意外にも冷静だった。

 「アマチュア球界は人を介して、メジャーリーグでそういう動きがあることを聞かされていたようですね」(社会人野球関係者)

 独自の情報ルートを持っているのはプロ野球会も同じだ。それでも冷静である理由は、今回の申告制と類似した“変則ルール”をアマチュア野球界は経験してきたからだという。

 「20年以上前になりますが、アメリカ遠征で敬遠を省く特別ルールで試合をやった思い出話を(指導者の)先輩たちに聞かされたことがあります。アメリカは時間短縮に力を入れており、近年でも、二死の場面で捕手の打者が出塁したら、特別代走を出して、攻守交代時のレガーズ着装の時間を省かせる試合もありました」(学生野球指導者)

 “特別ルール”の試合を経験してきたからだろう。「やっぱり、出たか」というのが正直な感想のようだ。

 もっとも、申告制そのものについては賛否両論で、日本国内のアマチュア公式大会にそれを導入するかどうかを検討することになれば、それなりの時間は掛かるようだ。アマチュア野球の大会は主に公営競技場で行われる。「日程内、時間内に試合数を消化するため」であれば、受け入れざるを得ないと予想する声も聞かれたが…。

 「試合中に生じる失策のほぼ半分は『送球関連』なんですよ。敬遠が申告制になれば、敬遠球の暴投もなくなるわけですから、まさに時間短縮となるでしょうね」(学生野球指導者)

 しかし、失策をハプニングと置き換えた場合、「敬遠球を打ち返す」「タイトル争いに水を差す行為に抗議して」「ベンチの指示を無視してライバルとの勝負に出る」といったドラマは見られなくなる。投手出身のプロ野球解説者もこんな話をしてくれた。

 「敬遠で4球を投じる約30秒間に守っている側が呼吸を整える、守備陣全員でサインを確認するという『間』がなくなります。野球は『間』のスポーツだと思っているので、申告制になればゲームが単純化していくと思う」

 メジャーリーグが時間短縮を目指す背景に、テレビ文化との共存がある。コマーシャルを入れるタイミングもそうだが、試合が長時間化すれば視聴者は離れていき、広告出資する企業も二の足を踏んでしまう。

 高校野球はどうか? 1試合平均は2時間台である。試合途中、プロ野球と同じようにグラウンド整備も行われているのに、だ。プロ野球はバッテリー間で交換するサインも複雑で、リリーフ投手を何人も投入するので自ずと時間も長くなってしまう。それはそれで分かる。だが、高校野球の試合時間はさほど長くない。『敬遠死球の申告制』で高校球界が動じないのは、それを導入しなくても試合時間を短縮する方法を知っているからではないだろうか。攻守交代時にダラダラと歩くヤツもいないし…。(スポーツライター・飯山満)

http://npn.co.jp/article/detail/51517059/

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

WBC準決勝敗退 「侍ジャパンは米代表リーランド監督の苦悩を参考にすべき」の声

75548954.jpg
 侍ジャパンが準決勝で散った。試合終了後、小久保裕紀監督(45)は「力を尽くしたと思う。選手はよくやってくれた。感謝したい」と語っていたが、試合前のアメリカ代表指揮官、ジム・リーランド監督の言葉を思い出していたのではないだろうか。

 前日、リーランド監督は侍ジャパンの守備力の高さを称賛し、「ミスをしたほうが負けると思う」と答えていた。自分たちへの戒めとして話していた感もあったが、名手・菊池涼介(27)の失策が侍ジャパンの失点につながった。8回表にも松田宣浩(33)のファンブルが三塁走者を帰還させ、試合を決定づけてしまった。

 「選手は責められません。ただ、守備でリズムを掴めなかったのは、予選6試合との大きな違いです」(現地入りしたメディア陣の一人)

 前日練習でこんなシーンも見られた。緊急招集したクローザー、マーク・メランソンについて話題が及ぶと、リーランド監督は自国メディアからこんな質問を受けた。

 「また、制約が増えるんでしょ?」

 米国人ライターによれば、今回の代表招集にあたって、リーランド監督はかなり苦労したという。日本との準決勝戦で守備についた野手8人は全員、ゴールデングラブ賞の受賞経験者。ホスト国なのに、まだ一度も決勝ラウンドに進出していない屈辱…。メジャーリーグもようやく本気になったのか? 全体会見では「アメリカのために戦うとの思いが強い者を集めた」と語っていた同監督の言葉も思い出されるが、内幕は違っていた。

 「大半の選手と、試合出場に関する契約を交わしているんです。選手本人だったり、所属球団だったりと契約先は異なりますが、契約書があるため、リーランド監督は選手起用に『制約』を受ける形になりました」(米国人ライター)

 その制約を聞くと、たとえば、スタメン捕手は登録したキャッチャーを交互に使う、リリーバーはイニングまたぎをさせない、一度肩を作ったリリーフ投手が登板せず、待機となった場合、二度目の準備はさせないなど…。たしかに、インディアンス所属のアンドリュー・ミラーは、シーズン中、当たり前のようにイニングまたぎをしてきたリリーバーなのに、日本戦では6回途中で出てきて、3分の2イニングを投げたところで交代している。全員ではないが、こうした制約だらけのなかで、リーランド監督は勝ち上がってきたのだ。

 先のメランソンの緊急招集に対し、日本のメディアは「また強敵が加わった」という見方をしていたが、アメリカ側は「どういう制約があって、メランソンを追加招集できたんだ?」と聞きたかったわけだ。

 今さらだが、リーランド監督は96年にマーリンズを世界一に導き、タイガースを指揮した8年間で3年連続地区優勝も果たした名将である。制約があっても必要な選手だから招集したわけだが、「自分の采配でなんとかしてみせる」との強い決意もあったのだろうか。

 同時に、こんな見方もできる。起用法に関する制約を受け入れるのならば、日本人メジャーリーガーも招集できるのではないか…。小久保監督は昨夏、日本人メジャーリーガーのもとに自ら足を運び、侍ジャパン入りの説得を重ねた。その熱意は称賛に値するが、それだけでは国際大会は勝てなくなってきたのだ。

 次の日本代表監督は誰に決まるのか、まだ分からない。しかし、日本人メジャーリーガーの所属球団と対等に話のできる代理人もスタッフに加えるべきではないだろうか。次期監督にはリーランド監督の精神的な強さも見ならってもらいたい。(スポーツライター・飯山満)

http://npn.co.jp/article/detail/75548954/

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

侍、世界一奪回ならず 守備ミスに泣き米国に惜敗、2大会連続4強で散る

s_fullcount-62336.jpg
4回に痛恨のエラーを喫した侍ジャパン・菊池涼介【写真:Getty Images】

(フルカウント)

打線も米国投手陣の前に4安打と沈黙、今大会初黒星で無念の敗退

 野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝(ドジャースタジアム)で米国と対戦。1-2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退に終わった。先発のエース菅野ら投手陣は好投も、4回と8回に内野陣の守備のミスから失点。打線もわずか4安打に抑え込まれて援護できなかった。開幕から無傷の6連勝で米国との大一番に臨んだが、今大会初黒星で敗退。2大会ぶりの世界一はならなかった。

 先発の菅野は初回、11球で3者凡退に仕留める好スタート。2回も3者凡退と安定した投球を続ける。一方、侍打線は初回に1死二塁の好機を作るも、青木はニゴロ、筒香は左飛で無得点。2回も1死から坂本が内野安打で出塁したが、松田が併殺に倒れた。

 3回、菅野は先頭ポージーにレフト前ヒットを許す。続くスタントンは三塁方向へ強烈なゴロ。松田が飛びついて、二塁・菊池、一塁・中田と送って併殺となった。しかし、ここで米国側がビデオ判定を要求。映像では、菊池の足が完全に離れており、1分1秒の検証の結果、ポージーだけセーフとなって1死二塁で試合再開となった。それでも、菅野は後続を断って、無失点で切り抜けた。

 4回は1死からイエリチをニゴロに打ち取ったが、菊池が大きく弾き、ボールは転々。イエリチは快足を飛ばして二塁に進んだ。その後、2死一、二塁とされると、マカチェンにはスライダーをレフト前に運ばれ、先制点を奪われた。

 それでも、菅野は5回を8球、6回を9球と3人ずつで片付け、リズムを作る。すると、先制点のきっかけとなるエラーを犯していた菊池が、6回1死で2番手ジョーンズからライトへ値千金の同点弾。ミスを取り返す一発で試合を降り出しに戻した。

 日本は7回から千賀が登板。ホスマー、マカチェン、ポージーを3連続三振に仕留める。だが、日本もその裏は米国の右腕ダイソンの前に3者凡退。千賀は8回先頭のスタントンも三振に仕留めて4連続三振としたが、クロフォード、キンズラーに連打を許し、1死二、三塁とされる。ここでジョーンズはボテボテの三ゴロも、松田はボールが手につかず。一塁はアウトにしたが、クロフォードの生還を許し、勝ち越された。

 その裏、日本はメランソンから先頭の代打・内川が右前打。山田が送るも、菊池は空振り三振に倒れる。青木は四球で2死一、二塁とし、4番・筒香。米国は右腕ニシェクに交代した。筒香は4球目を捉えたが、良い角度で上がった打球はライト定位置の右飛で3アウトとなった。

 打線は9回も得点を奪えず、1-2で敗戦。世界一奪還を目指した侍ジャパンだったが、2大会連続の準決勝敗退に終わった。

http://news.goo.ne.jp/article/fullcount
/sports/fullcount-62336.html

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

穴党じゃダメなんですか?

YoutubeJapan ユーチューブジャパン

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア