Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO 野球

勝利を飾ったものの校歌を歌えずに甲子園を去ったチーム

20170817_asagei_koushienc-250x250.jpg
 現在では両チームとも2回表裏の自チームの攻撃前に校歌が流れるが、やはりそうは言っても春夏の甲子園で歌う母校の校歌は勝利の証しである。

 今大会、初出場を果たしたチームは6校あったが、初戦を突破したのは津田学園(三重)のみだった。2回戦で敗れてしまったが、待望の夏の甲子園初勝利。さぞや嬉しい校歌斉唱だったに違いない。とはいえ、長い甲子園の歴史の中では勝利したのに校歌を歌えずに甲子園を去っていった不運なチームもある。

 そのチームとは88年第70回大会で初戦に勝った滝川二(兵庫)。高田(岩手)との試合は序盤から滝川二のペースで進み、8回裏2死の時点で9‐3とリードしていた。しかし、試合開始から降り続いていた雨が一層強くなり、試合は中断。11分間の中断の後、降雨コールドゲームで滝川二の勝ちが宣告された。夏の大会では実に56年ぶりのコールドゲームだった。そして状況が状況だけに大会本部の判断で校歌演奏や校旗掲揚は省略されてしまう。その後、滝川二は2回戦の東海大甲府戦(山梨)に3‐5で敗れてしまい、1勝したにもかかわらず、校歌を歌わずに甲子園を去るハメになってしまった。

 だが、そんな滝川二に対してイキな計らいをしたのが、「熱闘甲子園」(ABC系)のスタッフだった。高田に勝利した日の放送の冒頭で校歌が流されたのだ。そしてこの時から実に苦節11年。99年の第81回大会で2度目の夏の甲子園出場を果たした滝川二は初戦の東邦(愛知)戦で6‐5で勝利し、夏の甲子園で初めて校歌を歌うことができたのである。

 ただ、滝川二は87年第59回大会で春の選抜初出場を果たしていて、その時に初戦で富士(静岡)を3‐0で降しているので、春の甲子園ではひと足先に校歌を歌ってはいたのだった。

(高校野球評論家・上杉純也)

http://www.asagei.com/excerpt/86999

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

夏の甲子園ではなぜか8月16日に名勝負が集中している!

20170815_asagei_sakushin-250x250.jpg
 夏の甲子園の名勝負といわれる試合は、なぜか8月16日に行われたものが多い。中でもその代表格が79年第61回大会の3回戦だろう。この年の春の選抜王者で史上3校目となる春夏連覇を狙う箕島(和歌山)と星稜(石川)の一戦である。

 この試合は1‐1のまま延長戦に突入し、12回と16回に星稜が1点ずつ勝ち越すも、その裏に2アウトランナーなしと追いつめられた王者・箕島が2度とも瀬戸際で同点ホームランを放つという奇跡を演じてみせた。結局、引き分け再試合目前の延長18回裏に4‐3で箕島が劇的なサヨナラ勝ち。“神様が創った試合”として多くの高校野球ファンの脳裏に刻まれている名勝負である。

 この試合の前に生まれた名勝負としては73年第55回大会2回戦の銚子商(千葉)対作新学院(栃木)がある。試合は銚子商の2年生エース・土屋正勝(元・中日など)と作新のエース“昭和の怪物”江川卓(元・読売など)との雨中の投手戦となった。その最後は0‐0のまま突入した延長12回裏に1アウト満塁のピンチを招いた江川がサヨナラ押し出し四球を与え、0‐1であっけない幕切れ。これが江川にとって高校野球での甲子園最後の試合となったのだった。

 平成に元号が変わってからの名勝負ももちろんある。中でも物議を醸したのが’92年第74回大会。2回戦で明徳義塾(高知)が星稜の4番・松井秀喜(元・読売など)を封じるための作戦として行った5打席連続敬遠の試合も8月16日なのである。

 さらに延長戦の末、サヨナラボークで負けたチームもある。その悲運のチームは98年第80回大会に出場した宇部商だ。2回戦の豊田大谷(東愛知)との一戦は2‐2のまま延長戦へ。迎えた15回裏、宇部商は無死満塁のサヨナラの大ピンチに見舞われる。ここで宇部商のエース・藤田修平は次打者の持田泰樹の4球目、ちょうどその試合の211球目を投じようとセットポジションの動作に入ったのだが、キャッチャーの上本達之(埼玉西武)が出した2度目のサインに驚き、無意識に投球動作を中断してしまった。極限状態に追い込まれていた藤田は2度サインを出すという約束を忘れてしまっていたのである。そして、この行為を見逃さなかった球審が宇部商にとっては無情の“ボーク”を宣告。3時間52分に及ぶ熱戦は甲子園史上初の“サヨナラボーク”で決着したのであった。

 99回目の今年の夏、果たして8月16日にまた新たな名勝負が生まれるのだろうか。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

http://www.asagei.com/excerpt/86911

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

辞任表明の伊東監督が払拭できなかった疎外感

52532148.jpg
 千葉ロッテマリーンズの伊東勤監督(54)が今季限りでの辞任を表明した(8月13日)。本拠地・ZOZOマリンのベンチはざわついていた。まず前日、林信平球団本部長が同球場に隣接されている球団事務所に現れた。経営幹部は球団事務所にずっと詰めているわけではない。しかも、取材陣の要請に応じ、いちばんナーバスな監督人事に関する質問にも答えていた。この時点で林球団本部長は昨季までの4季で3度のAクラス入りを果たした実績も強調しつつも、「まだ何も決まっていない」と、肝心の去就問題についてははぐらかしている。何か起きる…。そう直感したメディア陣は少なくなかった。

 「8月4日からの仙台遠征中、伊東監督から球団スタッフに退任の意思が伝えられました。スタッフがそれを持ち帰って、林球団本部長が改めて話を聞くという流れになりました」(チーム関係者)

 伊東監督の決心は変わらなかったようだ。

 「外国人選手は期待外れだったし、主力選手のほとんどが成績を落としています。伊東監督に同情すべき点はたくさんあり、このことは球団側も認めています」(スポーツ紙記者)

 伊東監督は昨季終了時点でいったん契約が切れている。先の関係者によれば、伊東監督は“潮時”を口にしていたとのことだが、球団側が引き止めたという。手腕が評価されての慰留だったが、この5年間、「外様の疎外感」を払拭できなかったのではないだろうか。

 春季、秋季キャンプでは千葉ロッテに限らず、チームOBが顔を出す。どの球団もそうだが、ライオンズで育った伊東監督はロッテOBたちと面識こそあれ、親しく付き合ってきたわけではない。OBたちも労いの言葉は掛けていたが、生え抜きのコーチや後輩たちと話し込んでしまい、伊東監督はその輪に誘われることはなかった。少し離れたところに立っていて、練習を見守っている。そんな感じだった。

 ライオンズ時代の伊東監督を知るプロ野球OBが当時をこう振り返る。
「頑固なところもありました。ライオンズの黄金期を支え、捕手として輝かしい実績を残した人だから仕方ないのかもしれませんが、選手に求めるレベルが高すぎて…」

 これに対し、先のチーム関係者はこう反論する。

 「選手だけではなく、スタッフにも気配りをしてくれる人。伊東監督の誕生日は8月なんですが、チーム全員でケーキを買って、ハッピーバースデーを歌ってお祝いしています」

 ライオンズ指揮官を退いた後、このままではいけないと思ったのだろう。監督として再起したいというよりも、「チームのために何ができるか」を考えるようになったようだ。

 後任は先に今季限りでの現役引退を発表している井口資仁内野手(42)だろうか。井口は「ロッテの人」となって久しいが、ホークスで育ち、メジャーリーグを渡り歩いてきた。

 「後輩たちからの人望はもちろん、球団スタッフも井口に一目置いています。若手が伸び悩んでいるので、次の監督になる人には、チーム再建の難しい課題が託されます。投打ともに新戦力が育ってから次の監督へというのが、球団の考えだったのでは」(前出・スポーツ紙記者)

 後任指揮官が誰になるにせよ、疎外感は持ってほしくないものだ。

http://npn.co.jp/article/detail/52532148/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

人気野球漫画「ドカベン」で描かれた“ルールブックの盲点の1点”が現実に?

img_9.jpg

 人気野球漫画「ドカベン」の中では“ルールブックの盲点”として描かれていたこのエピソード。

 まずは「ドカベン」内で描かれた描写をもとに説明すると、攻撃側が1アウト満塁のチャンスで、次打者でスクイズを敢行。だが、これが投手への小フライとなり打者がアウト。ただ、この時スタートを切っていた三塁ランナーは三塁に戻ってタッチアップせずにそのまま本塁に滑り込んでいた。その間に投手は1塁から大きく飛び出していたランナーを見て1塁に送球し、アウトとなりダブルプレーが成立。

 これで、第3アウトが宣告されたので、守備側はベンチに引き上げたのだが、実は、その前に守備側は1塁でのアウトと、タッチアップせずに本塁に突入した3塁ランナーとでアウトの「置き換え」をしないと、この1点が認められてしまう、というもの。第3アウト成立後であっても、守備側はベンチに引き上げる前に審判に対し三塁ランナーの離塁が早かったことをアピールし、三塁ランナーをアピールアウトにしておけば、得点が認められることはないというわけである。この得点が認められていることに気づかなかった守備側はアピールすることなく野手全員がファウルラインを超えた時点でアビールする権利を喪失してしまっていたのだった。

 そしてここから先が実際の夏の甲子園で起きた“ルールブックの盲点の1点”である。12年第94回大会2回戦の済々黌(熊本)対鳴門(徳島)戦でのこと。7回裏、2‐1とリードしていた済々黌の攻撃で1アウト一、三塁の場面だった。ここで次打者が打ったライナーを鳴門のショートが直接捕球し、この時点で2アウト。そして済々黌の一塁ランナーはヒットエンドラン、三塁ランナーもギャンブルスタートのサインが出ていたため両ランナーともに大きく離塁していたが、ショートはファーストへ投げ、一塁ランナーをアウトにした。この間に全力疾走していた三塁ランナーは送球がファーストに渡る前に本塁に到達していたのである。守っていた鳴門の野手陣はそのまま全員がファウルラインを越えたため、アピール権が喪失、三塁ランナーの生還が認められ、済々黌に1点が追加されたのだった。結果的にこの1点がダメ押し点となり、試合は3‐1で済々黌が勝利した。なお、試合後のインタビューで済々黌の三塁ランナーは小学生時代に「ドカベン」を読んでいたため、この“ドカベン・ルール”を知っていたことを明かしている。

(高校野球評論家・上杉純也)

http://www.asagei.com/excerpt/86725

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「甲子園大会」長崎県勢と三重県勢「2度の対戦」はともに海星VS海星だった!

20170811_asagei_koushienb-250x250.jpg
 長い歴史を数える夏の甲子園で長崎県と三重県の対決はわずか2回のみ。しかもその2回ともが同名の海星高校同士の対戦である。

 1度目は72年第54回大会の初戦。2‐0で長崎の海星が勝利した。2回目はその17年後の89年第71回大会。この時は2回戦で対戦し、10‐2で三重海星がリベンジを果たした。余談だが、この対戦の時スコアボードの表示は長崎側が「長・海星」、三重側が「三・海星」となっていたほか、両校ともユニホームが異なるので試合中に特にハプニングはなかったのだが、困ったのが応援団。当時はまだ許されていた「○○倒せ~~」というコールで校名が使えないからだ。考えた挙げ句、校名ではなく県名でコールすることになったという。

 ちなみに長崎の海星には他にもこんな偶然的な出来事がある。それは「夏の大会で2回、桐蔭学園(神奈川)と戦っているが、2回とも2回戦で対戦し、2回とも0‐6のスコアで敗れている」というもの。最初の対決は71年第53回大会。そして2回目が84年第66回大会。試合内容も、初回から9回まで小刻みに得点されての敗戦という、似たような展開だった。

 さらに付け加えると夏の甲子園における長崎県と神奈川県の対決は他に、83年第65回大会での佐世保工対横浜商があるが、なんとこれも2回戦。しかも同じ0‐6のスコアで、これまた初回から小刻みに得点されるという試合展開で、佐世保工が敗れている。

(高校野球評論家・上杉純也)

http://www.asagei.com/excerpt/86719

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

ネットユーザーが選んだ人気温泉地ランキング ❤ じゃらん ❤

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア