Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO 音楽総合

「NHKのど自慢」主役20組はどのように選ばれるか…予選会の裏側に密着

0d5d3_60_cbc4d4a3b09905845092dbb739bfc0f3.jpg
歌い終えた出場者にインタビューを行う小田切千アナ

 話題のテレビ番組の裏側を探る連載「潜入Ho!道」。今回は「NHKのど自慢」(日曜・後0時15分)。戦後間もない1946年にラジオ番組「のど自慢素人音楽会」でスタートして72年目、今も最長寿のテレビ音楽番組として愛されている。放送前日の土曜日に行われる予選会では、250組のエントリーから番組の主役となる20組が選ばれる。そこで、今月10日に千葉県流山市のキッコーマンアリーナで開催された予選会に密着、20組選出の舞台裏に迫った。(江畑 康二郎)

 日曜の昼下がりに何気なく見て楽しんでいた「のど自慢」出場者は、最大60倍超の壁を突破した20組だった。

 予選会は、毎回250組がエントリー。今回の流山市大会のハガキによる応募者は847人。予選会に選出される倍率は平均4~5倍という。本選と同じ会場の舞台セットで、生バンドの演奏をバックに行われるが、番組のシンボルともいえる鐘は鳴らない。

 正午の開始前、会場の1100ほどの座席はほぼ埋まり、熱気が充満。出場者は持ち時間わずか40~50秒の中で、ありったけのパフォーマンスを繰り広げた。金ぴかのバンダナを巻き、少年隊の「仮面舞踏会」で踊る中年男性3人組。アロハシャツ姿で、石井優子とチャゲの「ふたりの愛ランド」をノリノリで歌うカップル。制服姿の中学生から今大会最年長の100歳の女性まで、自慢の美声を高らかに響かせた。

 想像以上にハイレベルな熱戦は午後4時頃終了。別室のモニターで全出場者をチェックした地元・千葉放送局放送部長を審査委員長とする番組スタッフ6人の約1時間の合議を経て、本選出場者が発表された。

 1946年にラジオ番組「のど自慢素人音楽会」として始まり、53年3月からテレビ放送がスタート。46年に9歳の美空ひばりが、53年に北島三郎(80)が出場した。その後も島倉千代子、Kiroroの玉城千春(40)、ジェロ(35)、テツandトモのトモ(47)ら、そうそうたる面々が合格の鐘を目指し挑んできた。

 音楽番組で最も歴史ある「のど自慢」は、単なる歌のコンテストではない。記者が「うまい」と感心した出場者で“落選”した人も少なくなかった。審査員の一人の代田一貴チーフプロデューサー(45)は番組のコンセプトについて、「歌番組ではあるが、最終的にショートストーリーの人間ドラマ」と説明する。

 時に笑い、時に涙を誘う「のど自慢」。応募ハガキから選出する時点で、曲に対する思いを記した「選曲理由」が重視される。「出演者は歌で何かを伝えたいとか、自分の人生を歌に重ねる方。歌を通じて人と触れ合いたいという思いを持つ方が多い」と代田氏。予選会に番組司会の小田切千アナウンサー(47)も参加し、歌い終えた全出場者に舞台下で「なんで応募したの」「何でこの曲を選んだの」などと質問。同アナの意見も審査の検討材料になる。

 今回の予選会で、最も多く歌われたのが本選のゲスト歌手の五木ひろし(69)と島津亜矢(46)の曲。エントリーした250組中、五木、島津の曲を15組ずつ計30組が選んだ。これまで本選で、ほぼ確実に選出されるゲストの曲について、「枠として決めていないが、ゲスト歌手との関わりという演出上、選出することが多い」(代田氏)。だが選出の上で倍率も高く、有利とも言えないようだ。

 歌番組という性格上、審査基準の中で、歌のうまさが高い比重を占めるが、年齢、表現力、歌唱形態、人柄なども勘案された上で、バラエティ豊かな20組が本選の舞台に立つ。もちろん、NHKの受信料の支払いの有無は選出に関係ない。

 結果発表後、本選出場を逃したほとんどの参加者が20組を祝福した。4万円で購入したという白スーツを着て矢沢永吉の「I LOVE YOU、OK」を熱唱した流山市のトラック運転手の逆戸美喜夫さん(56)は「他にうまい人がたくさんいた。盛り上げられただけでうれしい」と敗退にも納得の笑顔。100歳の記念で出場し、自身の人生に重ねた美空ひばりの「愛燦燦」を歌った流山市の小宮山春江さんも「刺激になった。体のことを考えたらここで落ちて良かったかも」と満足げに会場を後にした。

 翌日の番組終了後、20組は別室に集まり感想を語り合う。代田氏は言う。「予選会では赤の他人だった者同士が、『同窓会やりましょうよ』と家族のように盛り上がる。そういった姿を見ると、開催して良かったなと思えるのです」

http://news.livedoor.com/article/detail/13249446/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「ル ヴェルヴェッツ」メンバー、児童買春の疑い

profile_photo05.jpg

 女子中学生にお金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして、神奈川県警は14日、黒川拓哉容疑者(32)=東京都板橋区小茂根4丁目=を児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕し、発表した。調べに「ホテルに行ったのは間違いないが、あとのことは詳しく覚えていない」と容疑を否認しているという。

 川崎臨港署によると、昨年9月27日夜に川崎市川崎区のホテルで、当時中学3年生だった少女(16)に、現金1万3千円を渡すと約束してわいせつな行為をした疑いがある。当日にSNSで知り合ったという。

 黒川容疑者はボーカルグループ「LE VELVETS(ル ヴェルヴェッツ)」でバリトンを担当。メンバー5人全員が音楽系の大学卒の男性で、2014年には日本レコード大賞の企画賞を受賞している。グループの所属事務所は取材に、「事実関係を確認中でお答えできない」と話した。

https://news.goo.ne.jp/article/asahi
/nation/ASK6G5TZ8K6GULOB014.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

解散説が浮上したラルク・アン・シエルの“元凶”が明らかに

Arc_AP_2014-B_v2_Small.jpg

 一部で所属事務所からの独立、及び年内解散の可能性が報じられていた人気バンド「L’Arc~en~Ciel(ラルク・アン・シエル)」だが、その話が浮上した背景にある所属事務所会長の驚くべき錬金術の実態を発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 一部での報道によるファンへの影響を危惧してか、ボーカルのhydeは先月21日、自身のインスタグラムに「ドエル(=ラルクファンの俗称)が本当に可愛くて笑える。こいつらのために、僕がラルクを続けるのは大した問題じゃない」と書き込み。グループの活動は安泰であると思われていた。

 同誌によると、かねてからメンバー4人は、事務所の会長に対するギャラへの不満を募らせていたという。通常、売れっ子アーティストの場合、CDの売り上げ100万枚あたり3~5%の歌唱印税を受け取るというが、ラルクの場合には2・5%程度。ライブの収益についても会長は「赤字」と説明する一方、収支がわかる書類をメンバーに見せることは拒んでいたというのだ。

 しかし、実際、会長の会社は毎年約15億円の収入高、2000万円の営業利益をコンスタントに計上。ギャラを低く設定して得た金は会長により、東京・平河町のビルや恵比寿のペントハウスなど資産価値合計22億円の不動産に化けてしまった。

 その事実をメンバーが知ったことで、事務所との溝はいよいよ決定的なものになってしまったという。同誌の取材に対し、リーダーのtetsuyaは「ノーコメント。ただ、ファンを悲しませることはありません」と否定しなかった。

 「音楽事務所の場合、トップの言動はまさに“天の声”で、逆らうことはできない。そのため、アーティストが生み出す収益も思いのまま。そのため、今回のラルクのようなことが起こってしまう。現状を打開するには、ラルクのメンバーたちが独立するしかないが、さすがに解散はなさそうだ」(音楽業界関係者)

 ラルクのメンバー4人がどういう決断をするのかが注目される。

http://npn.co.jp/article/detail/97106221/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ブリトニー・スピアーズ、来日公演の口パクが海外で話題に

britney-spears170605-300x335.jpg
ブリトニー、口パクなしは厳しい?(画像は『Britney Spears 2017年6月3日付Instagram』のスクリーンショット)

6月3日に日本公演をスタートした歌手ブリトニー・スピアーズ(35)が、またしても明らかな“口パクパフォーマンス”をしていたと海外メディアが大きく伝えた。この時2001年のヒット曲をステージで披露していたブリトニーは、なぜ生で歌っていないことを知られてしまったのか。

久々に日本のステージに立ち、ヒット曲『I’m a Slave 4 U』を披露したブリトニー・スピアーズ。その際ブリトニーはエキゾチックなマスクをつけ踊っていたが、それを外した際に装着していたマイクまで外れるというアクシデントが発生。その後マイクが髪に絡みつき大慌てするも、完璧な歌がそのまま流れ続け「実は全く歌っていなかった」ことが完全にバレてしまったのだ。

その後もブリトニーの髪に絡んだマイクは取れず、ダンスを中断してまで「どうにかしないと…」とブリトニーは必死になっていたという。その間も当然歌は流れていたといい、最初は半信半疑だった観客も困惑した様子を見せたそうだ。

http://japan.techinsight.jp/2017/06/kay06051430.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

大親友から不仲に……吉川晃司と布袋寅泰の「COMPLEX」が活動休止した理由

school_man.png
音楽性って個人個人で違うからねえ…どうしても、バンドやグループって、揉めるんですよ。
ましてや、我の強い者同士、自己顕示欲の強い者同士だと尚更ですな。

BE MY BABY、BE MY BABY、BE MY BABY、BE MY BABY……

東京ドームに鳴り響く、代表曲『BE MY BABY』のイントロ。
2011年7月10日、「日本一心」と銘打たれた東日本大震災のチャリティコンサートで、伝説のユニット『
COMPLEX』が20余年ぶりに復活を果たしました。ステージ両端に現れた、吉川晃司布袋寅泰。歩み寄り、中央でガッチリ握手を交わすと、大きな歓声が沸きあがります。

20余年前、結成から解散までの経緯を知るファンにとって、きっと感慨深い瞬間だったに違いありません。

同じマンションに住んでいた吉川晃司と布袋寅泰


COMPLEX結成が発表されたのは、1988年12月10日のこと。
もともとは同じマンションに住んでいて、夕飯のおかずを持ち寄ったり、2人きりでハワイ旅行へ出掛けたりするという、気持ち悪いほど仲が良かった吉川と布袋。

プライベートでの友人だった2人がビジネスパートナーになった経緯については、「タイミングが良かったから」という一言に尽きるでしょう。

BOOWY解散後の布袋と事務所独立後の吉川によって結成


1988年といえば、2人にとってターニングポイントとなった年です。

海外志向の強かった布袋はBOOWY解散後、シングル曲『DANCING IN THE MOON LIGHT』をイギリスで発表しましたが、これが全く売れずに大失敗。大きな敗北感の中で、もう一度、再起をかけようと野心を燻らせていた時でした。

一方の吉川は、所属していた事務所のアイドル的な売り出し方に嫌気がさし、22歳にして独立。ロックアーティストとしての飛躍に思いを馳せながらも、しばらくは事実上の休業期間に入っていました。

商業的成功を収めるためには、ヴォーカリストとしては未熟な布袋。アイドルからロックミュージシャンへ脱皮するためには、ソングライターとしてのスキルが足りない吉川。
双方、不足部分を補い合える関係ということもあり、最終的には飲み屋での「一緒にやろうか!」という一声で、COMPLEX誕生に至ったのです。

キレッキレなパフォーマンス! 『BE MY BABY』のミュージックビデオ


結成発表から4ヶ月後。満を持してリリースされたファーストシングルが、前述の『BE MY BABY』です。
布袋が手掛けるキャッチ―なサウンドと変幻自在のギター、吉川のパワフルかつ伸びのあるボーカルが融合した同曲は、デビュー曲とは思えないクオリティに仕上がっており、オリコンチャート1位を獲得しました。

特に話題を呼んだのが、MV(ミュージックビデオ)のカッコよさ。低視点の固定カメラで撮り続けるだけというシンプルな仕様ながら、高身長で足の長い2人がキレッキレな踊りを披露しつつ、情熱的に「BE MY BABY!」と歌い上げるそのパフォーマンスは圧巻の一言。
スーパーユニットCOMPLEXの伝説が幕を開けた瞬間でした。

「商業的な成功以外、何も得るものがなかった」と語った布袋


しかしその伝説は、デビュー曲からわずか1年半ほどで終焉してしまいます。
離別の原因は、世にいう「音楽性の違い」というものです。海外でも通用する音作りがしたかった布袋は、デジタル技術を多く導入したサウンド製作にこだわっていました。一方の吉川は、生バンドの魅力を前面に押し出したアナログな楽曲を標榜していました。

こうした音楽的な溝は、COMPLEX結成初期の頃からあったらしく、後に吉川は「(布袋とは)組んでみたら最初から全然感覚から何から違っていて、最後のアルバムを出すときには“もう勝手にやって”という感じだった」と当時を述懐。

布袋も「商業的な成功以外、何も得るものがなかった」というニュアンスのコメントを口にしています。

価値観の違いゆえ、レコーディングを重ねる度に不仲となっていき、最終的には1990年11月8日、東京ドーム公演をもって無期限の活動休止となったのでした。

そんな2人が21年の時を経て、少しずつ歩み寄った結果実現したのが、冒頭の「日本一心」コンサートだったというわけです。せっかく和解したのだから、たった一度きりではなく、また共演してほしいと願っているファンはきっと多いことでしょう。
(こじへい)

http://news.livedoor.com/article/detail/13157607/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマン生活、初めました。

ニュースエンターテイメント &  じゃらん

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア