Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO AV、アダルト

本日のパロディAV

君の縄
絶対に、こういうAVが出ると思ってたが、まさかのクオリティwwww
81uTWnkNvaL__SL1500_.jpg
君の縄。 涼川絢音 / REAL(レアル) [DVD] [アダルト]

かなり再現度は高いwwww
よく見ると流れ星が精子になっているという凝りようwwww

81uTWnkNvaL__SL1500__20170625030431644.jpg
main_vsl01.jpg

170616_01.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「SOD女子社員」シリーズ 本当に社員なのか?

sakurai_aya_SOD.jpg
【本当に社員なの?(桜井彩さん)】

「本当に社員なの?」──AVファンなら一度はそうツッコミを入れたことがあるに違いない。AVメーカー・ソフトオンデマンド(SOD)の女性社員がAVに出演する『SOD女子社員』は、合計300本超のタイトルを出してきた大ヒットシリーズだ。

「このシリーズの元祖は『2003年度 ソフトオンデマンド 社内健康診断』という、女性社員や男性社員がエキストラ的に複数出演していた作品です。以降、種類を増やしてロングヒットとなりました」(AVライター・麻雅庵氏)

 最近では、女優顔負けの美貌を持つ女性社員1名を単体で扱うように。端緒は2012年販売の『“可愛すぎる!!”と話題のSOD新人女子社員 宣伝部 桜井彩 AV出演(デビュー)!!』(SODクリエイト)だった。

 ただ、シリーズを重ねるにつれ、ファンの間で議論が熱を帯び、「そもそも社員のわけない説」「AVデビューが決まった子を一度雇っている説」「ダメ元で会社が口説いているガチンコ説」など議論百出。SODは今や新卒の女性社員の親とモメることがないよう、入社を認めるという承諾書を親からもらう事態となっている。

 近年では、バラエティ番組に出演したSOD。新入社員が「脱ぐ気はない」と発言した上で、後に同シリーズに出演するケースもあった。実際のところ、どうなのか。桜井本人が明かす。

http://www.news-postseven.com
/archives/20170608_561099.html

「今でこそキカタン女優として活動していますが、SOD当時は本当に広報担当として新人デビューする女優さんの魅力を紹介するお仕事をしたり、DVDショップ用の作品紹介ポップを書いたりしていました。AVに囲まれて仕事をしていたことが“転職動機”になったのだと思います」

 少なくとも「彼女が広報や宣伝の仕事を経験していたことは事実」(前出・麻雅氏)という。一方、他の出演者について確認は取れなかった。どこまでが演出でどこからがガチなのかの議論が尽きないのも名作シリーズの証拠だろう。

※週刊ポスト2017年6月16日号

http://www.news-postseven.com/
archives/20170608_561099.html?PAGE=2

テーマ : アダルト
ジャンル : その他

当局の締め付け強化、多彩な罪状での摘発……「崩壊前夜」AV業界から“本番”が消える日

av0310.jpg
イメージ画像

AV(アダルトビデオ)業界への締め付けから「本番が消える」というウワサが業界内でささやかれている。女優の出演強要や奴隷契約などが問題となっている中、さらに無修整の動画を配信していたサイトが摘発。海外の人権団体からは日本のポルノへの批判も高まっており、これに各機関が規制強化の動きを見せていることから、業界関係者が「このままでは現状のAV作品自体がアウトになるのでは」と戦々恐々としているのだ。

 昨年、週刊誌でAV女優・香西咲が出演強要を告発したが、これが氷山の一角ではないかと人権団体が被害の調査報告書を公表。これには「すべての事務所やメーカーが悪者じゃない」と反論するAV女優もいたが、この論理で取り締まりを野放しにするわけにはいかず、AV業界には法的な規制強化の動きが高まりつつある。

「その証拠となるのが、ここのところのAVがらみの事件多発です」とはAV制作会社の社員。

「昨年、AV女優の派遣会社社長らが労働者派遣法違反で逮捕され、この直後にはキャンプ場でのAV撮影で関係者が公然わいせつで逮捕されました。その後、AV女優在籍をウリにしていたソープランドの社長も売春防止法違反で逮捕され、今年1月には動画サイトへの無修正動画を提供した制作会社社長らもわいせつ物頒布等の罪で逮捕されました。これらはまさに見せしめ、追及されたら同じ罪に該当すると心当たりのあるAV関係者はたくさんいて、いままで見逃してもらっていたようなものがそうでなくなっているんです」(同)

 この一連のAV関連事件と連動するように、内閣府男女共同参画局の「女性に対する暴力に関する専門調査会」では「いわゆるJKビジネス及びアダルトビデオへの出演強要の被害など」という議題で、AV問題の論議が持ち出された。

「AVが、違法なJKビジネスと同じマナ板に載せられた形で、より厳しい視点で見られている」(同)

 さらに政府は3月7日、性犯罪の厳罰化を閣議決定。強姦罪などを被害者の告訴がなくても起訴できるようにする。

「これも、見方によってはAVの出演強要問題の摘発に当てはまるもので、無理に出演させられたと見られるものが強姦事件として扱えるようになる可能性があります。いずれにせよ業界内では、AV関連事件の罪状が多彩なのは偶然じゃないと見ている人が多いです。何しろこの業界は、厳密に言えば実質的にアウトなものが多く、警察が抜ける刀の数を増やせば、いつでも切れるんです。こういうものは昔だったら左巻きの文化人が騒いでいたものですが、今はそういう人も少なくなってしまったので、当局も遠慮なしという感じ。下手すれば最終的に『本番行為の禁止』に行き着くこともあるでしょう」(同)

http://www.cyzo.com/2017/03/post_31867_entry.html

当局の締め付け強化、多彩な罪状での摘発……「崩壊前夜」AV業界から“本番”が消える日の続きを読む

続きを読む

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

AV強要被害者へのバッシング、「騙されるほうが悪いのか」当事者らが議論

20615_1322_6d97da6f_553c27c4-m.jpg
若い女性らがアダルトビデオ(AV)出演を強要されている問題について考えるイベントが2月3日、東京都内で開かれた(主催:朝日新聞社 withnews)。「プロダクションに騙されてAV女優になった」とカミングアウトしたユーチューバー、くるみんアロマさんが登壇し、「AV業界が悪いとか、潰すとかじゃなくて、被害に遭う人を減らしたい」と訴えた。

くるみんアロマさんは昨年7月、「朝日新聞 withnews」で、AV出演強要の被害者であることを告白した。だが、ネット上で「騙されるほうが悪い」「自業自得だろう」「ノリノリだったじゃねーか」とバッシングされることがあるという。くるみんさんは「たくさんの人に嫌われてもいいし、バカにされてもいいから、こういう被害があったことを伝えたい」と話した。

イベントに参加したAV男優の辻丸さんは、司会からコメントを求められると「残念なことに、世間は、AV出演強要の問題を大して問題にしておらず、くるみんさんに対するように『騙されるほうが悪い』という見方をする。そういう世間に対して、一人ひとりが一般的な問題を含んだ社会問題だと考えて議論を深めていけば、被害者たちを救えるのではないか」と語った。

被害者を支援している団体「ライトハウス」の藤原志帆子さんも登壇し、2016年にはAV出演強要に関する相談数が100件にのぼったと報告した。全国から相談が寄せられており、内訳は、女性が約95%、男性が約5%だったという。藤原さんは「インターネットが普及し、AVが大量消費されているなかで、組織的に出演強要をおこなっている業者もいることをぜひ知ってもらいたい」と呼びかけた。

(弁護士ドットコムニュース)

http://news.livedoor.com/article/detail/12628912/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

AV出演強要「騙された私のギャラは1.5万円でした」

satsuei.jpg
【普通にモデルの仕事をすると聞いていたのに...】

 女性が被害者になる事件が起きると、必ず被害者を非難するような論調の発言を正論だと叫ぶ勢力がいる。だが、自分は被害者とは違うと非難する彼らもきっと、卑劣で手段を選ばない加害者の手にかかれば、簡単にだまされてしまうだろうとライターの森鷹久氏はいう。主に女性をターゲットとした容赦ない搾り取り方と、さらに新たな手口を備えつつある現状を森氏がリポートする。

 * * *
 2016年6月、女性を無理やりアダルトビデオ(AV)に出演させたなどとして、都内の芸能プロダクションの元社長ら3人が逮捕された。この事実が明るみになったことで、人権系のNPO団体をはじめ、現役AV女優や関係者らからも声が上がり、多くのメディアが事件を取り上げたことを覚えている方も少なくないだろう。

 被害者女性に同情的な声が多数を占める一方で、「女性も悪いのでは?」といった意見が散見された。彼女たちの多くは大人なのだから、仕事を放棄することだってできたはずだという、すなわち「無知な」被害女性に非があると考える人たちの言い分だ。だがそれは、あくまで、相手が普通に話が通じるまともな人間の場合にしか通用しないやり方だ。ところが女性に原因を求める人たちには、人を陥れるためなら何でもやる人間がいることを知らない。そして、卑劣な人間と対峙する難しさも知らない。

 本当なら被害者を救済する場所であるべき世間からも、容易には受け入れられない。残酷な現実をつきつけられ、自分が被害に遭ったわけでもないのに筆者は暗い気持ちにさせられた。

 それというのも、出演強要の被害に遭った女性たちは、筆者にとって、実は身近な存在だからだ。ティーン向けファッション誌の編集者だったころ、モデルとして登場してもらった女の子たちのうち何人もの人が被害に遭った。さらに出演強要していた側には、アウトロー系雑誌編集者時代に取材や企画で協力してもらった人間やその周辺者がいるからだ。

 被害者の女性たちに騙された原因をヒアリングすると、風俗関係者やアダルトビデオ関係者側の、極めて卑劣な手法が浮かび上がってくる。

 その手法は実に様々であるが、どのパターンにおいても共通するのは「弱者を狙い撃ちにして、搾取するもの」であることだ。その典型的なパターンとも言える卑劣な手法に引っかかってしまったマリカ(27・仮名)が明かす。

「十代で結婚し出産、二十代の始めで離婚。元旦那からは養育費は一銭ももらえず、パートや親の援助などでなんとか食いつないできました。唯一の楽しみは、ネットを通じて知り合ったシンママ(シングルマザー)サークルに参加すること」

 元旦那から約束されたはずの養育費がもらえず、苦しく孤独な生活の中に潤いを与えてくれた「シンママ」サークル。当初はどこにでもあるような数名規模のアットホームなサークルであったが、次第に人数が増え、某テレビ局の取材を受けるまでになった。サークルの代表に取材話を持ちかけてきたのは、自称芸能事務所関係者のXだった。

 Xと旧知の仲である人物は、Xの表の顔と裏の顔について次のように説明する。

「Xは”仕出し屋”といわれる存在。テレビや雑誌に出てくれるエキストラや素人さんを集める仕事をしていますが、これは表の顔。裏では、女衒まがいのことや、女の子を風俗業者に紹介することもやっています。裏で稼いだ大金を、テレビ制作会社や編集者の接待など表の仕事でガンガン使い、業界と太いパイプを築いたのです」

 芸能事務所関係者を名乗るXとも自然に知り合いになっていたマリカの元に、程なくXとXの知人を名乗る人物から「モデルかタレントに興味はあるか?」との連絡が舞い込んできた。マリカには十代の頃にステージモデルの経験があったが、芸能活動といえるほどではなく、一児の母である今、まさか芸能活動を始めようとは微塵も思っていなかった。Xの強引な勧誘が始まったのはそれからだ。

http://www.news-postseven.com
/archives/20170102_479512.html

AV出演強要「騙された私のギャラは1.5万円でした」の続きを読む

続きを読む

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマン生活、初めました。

ニュースエンターテイメント &  じゃらん

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア