Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO 漫画・アニメ

初代カツオは大山のぶ代!『サザエさん』声優の歴史が意外すぎる!?

1501207571103583.jpg
 今年で放送48年目に突入した国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)は、ギネス記録にも認定された世界一の長寿アニメ番組。長期にわたって放送されているので、当然各キャラクターの担当声優の交代は何度も行われている。しかし、『サザエさん』の声優の歴史をあらためて振り返ってみると、いくつかの知られざる事実があった。

 まず、サザエさん一家の中で、放送開始当初から声優が代わっていないのは、サザエ役の加藤みどり(77)とタラちゃん役の貴家堂子(76)の二人だけ。最近では、2014年に波平役の永井一郎(享年82)が亡くなり、茶風林(55)に交代。翌2015年にはフネ役の麻生美代子(91)が降板して、寺内よりえ(64)に代わったことで、立て続けに初期メンバーが減ってしまった。

 そしてマスオさんの声優の増岡弘(81)は「初期メンバーなのでは?」と思う人がいるかもしれないが、実は増岡は二代目のマスオ。放送開始から78年までは、近石真介(86)が担当していた。

 1998年に、カツオの声優が高橋和枝(享年70)から冨永みーな(51)に代わったことを記憶している人は多いはず。しかし、初代カツオ役は高橋和枝ではなく、『ドラえもん』(テレビ朝日系)の声優でおなじみの大山のぶ代(83)だったことは、案外知られていない。ちなみに大山は、放送開始からわずか3か月でカツオ役を降板している。

 さらにマスオの同僚のアナゴさんの声といえば、独特の低音ボイスが特長の若本規夫(71)の印象が強いが、実は彼も二代目。初代アナゴさんは『ドラえもん』のジャイアン役でおなじみの、たてかべ和也(享年80)が担当していた。他にも、ノリスケ、タイコ、伊佐坂先生、花沢さんなどもすでに声優が代わっている。

 世界一の長寿アニメ番組として記録を更新中の『サザエさん』。これからも末永く続いていってほしい作品だ。

https://taishu.jp/detail/28840/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「妖怪人間ベム」放送50周年、ギャグアニメで復活 設定は現代、キャラも変化

m_sponichi-spngoo-20170812-0002.jpg
「妖怪人間ベム」が放送されてから50年。ギャグアニメ「俺たちゃ妖怪人間」として復活(C)ADK/DLE

(スポニチアネックス)

 放送から50周年を迎える怪奇アニメ「妖怪人間ベム」が、ギャグアニメとして復活する。新作の「俺たちゃ妖怪人間」が、10月からTOKYO MXなど全国で放送。おなじみのベム、ベラ、ベロの3人が登場する。

 1968年にテレビ放送され、「早く人間になりたい!」のセリフで人気を誇った作品。人間になろうとする妖怪人間の苦悩を描き、何度も再放送されては子供たちの心をつかんできた。10月に放送50周年の節目を迎え、改めて作品に光を当てるプロジェクトが始動。オリジナルの68年版、06年版とともに、新作「俺たちゃ…」が放送されることになった。

 「俺たちゃ…」は妖怪退治のないギャグアニメ。設定は現代で、舞台は東京・新宿の歌舞伎町にそっくりな「歌魔羅(かまら)町」。ベム、ベラ、ベロは、ホストクラブで働いたり、コミケで同人誌を売ったりと、現代人の生活を経験しながら人間を目指す。下品なギャグや社会風刺もたっぷりで、プロデューサーは「現代にこの3人がいたとしたら、どのような生活を送るのだろうという発想で作った」と話す。

 キャラ設定は原作を踏襲しつつ、ギャグアニメという内容に沿った形に変化。ベムはバカ真面目でむっつりスケベ、ベラは人間嫌いのドエロ姐(ねえ)さん、ベロはお調子者の金欲小僧。声はベムを杉田智和(36)、ベラを倉科カナ(29)、ベロを須賀健太(22)が担当する。倉科は初のアニメ声優で「声優デビューをちょっと下品で、ゆるい感じの作品にささげられ、心の奥底ではとっても光栄に思っています」と話した。

 新作は50周年プロジェクトの第1弾。今後もさまざまな企画が用意されている。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/
entertainment/sponichi-spngoo-20170812-0002.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

今と昔の不倫マンガを比較「現代を映す不倫マンガ3選」

空前のゲス不倫ブーム(?)となった昨年。今年になっても次々と有名人の不倫報道は加熱し続けている。

不倫のリスクや周囲への影響を掘り下げて描く

3982d7e5e9756a4be08f5e974619facd_s-550x366.jpg

「主人公の女がクズすぎてまったく共感できない」と話題になったテレビドラマ『あなたのことはそれほど』(いくえみ綾原作)。その「共感できなさ」にこそ、昨今の不倫マンガのリアルがあるとライターの山脇麻生氏は指摘する。

「’90年代に人気を博したマンガ原作の不倫ドラマといえば『Age35』(柴門ふみ)などがありますが、そこで描かれていたのは、困難を乗り越えて結ばれるべき2人が結ばれる、という2人だけの世界。というか、それ以外の登場人物の心情は、2人をくっつける邪魔をしないよう管理されていました」

 しかし、昨今の不倫マンガは「こいつとくっつくべき」という結論ありきではない。

「今までならストーリーの進行のジャマをしなかったサブキャラにもスポットを当てて、不倫を介して起きる周辺のさざなみや、人間関係の難しさを掘り下げて描くことに主眼が置かれています」

https://nikkan-spa.jp/1344847

 なかでも注目する作品は?

「最初は夫の不倫を全否定していた妻が、自分も不倫に流されそうになってしまったことから夫を許そうと考えたり、夫の嘘を知り、また気持ちが頑なになったりと振り子のように揺れる気持ちと信じることの難しさを描いた『ホリデイラブ』はとてもリアル。55歳独身の女性漫画家が主人公の『月と指先の間』は、恋愛を盛り上げるための不倫ではなく、主人公の生き方そのものを表す一要素として不倫が描かれています」

 最後のひとつは「夫婦公認不倫」というテーマで夫婦のありかたを問い直す『1122(いいふうふ)』。

「セックスレス、モラハラといった要素を盛り込み、夫婦が思いやりながらも感情がもつれていく様子を描いた作品。誰もが相手に真摯だからこそ胸が詰まります」

<現代を映す不倫マンガ3選>

●ホリデイラブ~夫婦間恋愛~
原作・こやまゆかり/作画・草壁エリザ(講談社)

2組の夫婦のW不倫を通して、亀裂や行き違いと、許しと修復の過程を交互に描く。家に帰れず道の駅での車中泊、SNSで知ってしまう浮気の情報、出会い系アプリなど現代的な小道具も登場

●月と指先の間
稚野鳥子(講談社)

55歳の少女漫画家という主人公の設定も新鮮だが、働く独身女性のジレンマを体現している。創作のガソリンとして、共にマンガ業界で闘ってきた編集者との不倫を選んだ過程が善悪を超えて描かれる

●1122(いいふうふ)
渡辺ペコ(講談社)

結婚7年目。仲は良く、信頼はあるけれどセックスレスの夫婦・いちことおとや。おとやには、いちこも公認の恋人・美月がいるが、恋に夢中になる夫の姿に、いちこは動揺を隠し切れず……。

取材・文/青山由佳 加藤カジカ 牧野早菜生(本誌)
― [不倫の泥沼化]が止まらない ―

https://nikkan-spa.jp/1344847/2

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

労働環境は超ブラック!? 知られざる『アンパンマン』の裏設定の数々

chara_anpanman2.png
「あんぱんまん」という絵本を読んだ時はビックリしたなあ…
お腹が空いた人に自分の顔を食べさせるんだから、
なんちゅうシュールな話や!ありえへん!みたいな。

 どれだけ時代が移り変わっても、子どもたちから常に愛され続ける国民的アニメ『それいけ! アンパンマン』(日本テレビ系)。作品の舞台となる“アンパンマンワールド”は、いろんな動物や妖精たちがのどかに暮らし、正義の味方のアンパンマンたちが毎日パトロールまでしてくれる世界。そんな穏やかな世界観が特徴の作品だが、実は大人もビックリな謎や裏設定があることをご存じだろうか。

 まずは「アンパンマンの体」の謎から。アンパンマンの顔は“あんパン”でできているが、体の材質については謎に包まれている。公式サイトによると「アンパンマンは生まれたときから服を着ていました。誰も体を見たことがないので、何でできているのかは分からない」との回答が。いつかジャムおじさんの口から、その謎が明かされる日は来るのだろうか。ちなみにアンパンマンの顔の“あんパン”に使用されているあんこは「つぶあん」である。

 そして着脱可能なアンパンマンの顔だが、交換した際に「前の顔はどうなってしまうのか」と、疑問に思う人がいるかもしれない。この謎についても公式サイトで言及されており、アンパンマンが新しい顔に変わると「前の顔は消えてなくなってしまう」というのが正解のようだ。ネット上では「めいけんチーズが食べて処理しているのでは」といった説もあったが、そのような残酷な設定ではなかった。

 また、空腹の人を見たら「自分の顔を食べさせてあげる」心優しいアンパンマン。しかし、当のアンパンマン自身が食事をするシーンは一切登場しない。アンパンマンは頭の中の“あんこ”がエネルギーになるため、食事をする必要はないそうだ。そんなアンパンマンの勤務状況に関する設定もある。アンパンマンには休日がなく、毎日欠かさずパトロールしているとのこと。世間でブラック企業が問題視される昨今、アンパンマンを取り巻く労働環境は思った以上に“過酷”と言えそうだ。ごはんを食べず、休みなしで働き続けるアンパンマンのおかげで、アンパンマンワールドの平和が守られているのだ。

 続いて、アンパンマンワールドに関する裏設定も紹介しよう。まずアンパンマンワールドには「人間が存在しない」という設定がある。「ジャムおじさんとバタコさんがいるのでは?」と思うかもしれないが、実はこの二人は人間の姿をした“妖精のような存在”とのこと。ちなみに公式サイトによると、この二人には血縁関係はないらしい。

 さらに「アンパンマンワールドの住人には“疑う”という概念がない」という設定もある。そのため、誰が見てもバレバレな“ばいきんまんの変装”に気づかず、毎度だまされてしまうようだ。

 このようなユニークな裏設定がたくさんある『それいけ! アンパンマン』。このあたりを知ってからアニメを見ると、ちょっと見る目が変わってしまうかも!?

https://taishu.jp/detail/28527/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

キン肉マン人気が再燃 背景に漫画と社会の関係性の変化

m_ASK6K6QGYK6KPTFC00M.jpg
キン肉マン、ヒットのひけつ

(朝日新聞)

 1980年代に子供たちを熱狂させた漫画「キン肉マン」が今、ブーム再燃とも言える盛り上がりを見せている。87年に終了した連載の続編がネットで復活したことが大きいが、その背景には漫画と社会の関係性の変化が見て取れる。

 5月中旬、ツイッターのトレンドワードで「キン肉マン」が1位となり、話題となった。2011年に復活した“元祖”の続編「完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)編」の最終回がネットに掲載されたためだ。

 連載は79年、週刊少年ジャンプ(集英社)で始まった。作者は嶋田隆司さんと中井義則さんの漫画ユニット「ゆでたまご」。ドジで間抜けな超人、キン肉マンが仲間とともに強敵と戦うギャグ&プロレス漫画だ。アニメ化など80年代に盛んになったメディアミックスも後押しして爆発的な人気を得た。

 個性的な超人たちの魅力に加え、友情パワーで強くなるジャンプらしい展開。中でも画期的だったのが、読者参加の先駆けともいえる「超人募集」の企画だ。採用されるとそれを元にした超人が本編に登場する。嶋田さんは「何万通とはがきが来た。子供のアイデアで生まれた超人もたくさんある」。

 完璧超人始祖編ではさらなる強敵が登場し、超人たちの知られざる過去も明らかに。今月26日に新章が始まる。「読者が待ち望んでいる限り、死ぬまでやり続けたい」と嶋田さん。

 キン肉マンに影響を受けた子供たちは今、一線で活躍する世代になった。大人気の中国の歴史漫画「キングダム」の作者、原泰久さん(42)は嶋田さんとの対談で、自身の漫画のルーツの一つにキン肉マンを挙げた。

 さらに、当時を知らない若い世代にもファン層は広がる。声優、歌手の上坂すみれさん(25)は、昨年刊行したスタイルブック「Sumipedia」(祥伝社)で嶋田さんと対談。肉と29(ニク)をかけたキン肉マン生誕29周年(2008年)の時から読むようになったことを明かし、「Tシャツを愛用していたり、自分のラジオでキャラソン(キャラクターソング)を流したり」「超人を考えるのって難しいけど、すごく楽しくて」と濃いファンぶりを披露した。

 「キン肉マンは漫画のリバイバルブームを引っ張っている作品の一つ」。京都国際マンガミュージアム研究員の伊藤遊さん(43)はそう話す。

 「北斗の拳」や「聖闘士星矢」など、ジャンプが飛躍的に部数を伸ばした80年代に人気を博した漫画は、その後、掲載誌を変えて「復活」し、続編や前日談などが描かれている。伊藤さんは「子供の頃に読んでいた世代が編集者になって、面白い漫画だったからもっと読みたいというシンプルな発想が元だと思うが、このパターンがヒットした。これまでにあまりなかった新しい現象ですね」。

 さらに近年、国が「知的財産立国」を掲げ、漫画やアニメが物語性などの面で質の高いソフトコンテンツとして評価され、パブリックなものに。「芸人や俳優が漫画が好きといってもマイナスポイントにならず、むしろ自身の売りにできるようになった」という。

 キン肉マンは80年代を彩っただけでなく、今なお時代に先駆けている存在ともいえそうだ。(向井大輔)

https://news.goo.ne.jp/article/asahi
/nation/ASK6K6QGYK6KPTFC00M.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

ネットユーザーが選んだ人気温泉地ランキング ❤ じゃらん ❤

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア