Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO 芸能ニュース・総合

『しくじり先生』が謎の打ち切り!オリラジ中田への制裁説も?

80194835.jpg
 8月17日、テレビ朝日の人気番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』が10月の改編期で終了となることが発表された。

 現在、テレビ朝日から番組終了の理由は発表されていないが「ネタ切れ」「視聴率低下」など様々な噂が囁かれている。確かに『しくじり先生』は過去に失敗した芸能人に1時間の講義をさせるため事前準備はタレントも含めて膨大な時間を要すため制作スケジュールが圧迫していた可能性が高い。また「視聴率」の面については具体的な数字は明らかになっていないが『しくじり先生』は今年4月の月曜20時から日曜22時への時間移動後、視聴率は大幅に下がったとも噂されている。

 そのほか非常に眉唾的な噂ではあるが一部では今回の『しくじり先生』打ち切りは「オリエンタルラジオの中田敦彦を徹底的に干すため」との噂も出ている。

 オリラジの中田は『しくじり先生』では「中田塾」という不定期コーナーを持っている準レギュラー。知識豊富な中田がわかりやすく講義する「中田塾」は開始直後から高い人気を博しており単独でスペシャル番組化したほか今年8月には「一般公開授業」という名目で江戸時代の偉人・伊能忠敬のしくじりについて講義した。

 「インテリ芸人」として順調なはずの中田だが今年6月には吉本芸人としてはタブーであるはずの「松本人志批判」を行い吉本興業のトップから睨まれるという事件が発生。中田は現在も吉本幹部からの「謝罪」を要求されているが当の中田は「どこ吹く風」で忠告を無視し続けているという。

 そのため吉本の幹部が「制裁」として中田の本領が発揮できる『しくじり先生』をまず打ち切るようテレ朝へ要請。足元から崩す作戦に転じたのではないかとの噂が囁かれているという。

 もっともこの噂が本当だとしたら、同じ吉本所属の芸人で『しくじり先生』レギュラーの平成ノブシコブシの吉村崇はいいとばっちりであり、中田の吉本社内での立場はますます孤立する可能性が高いと思われる。

(文:玉川談洲楼)

http://npn.co.jp/article/detail/80194835/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「これはもう差別発言」 宮本輝氏「芥川選評」が大物議

11a73_80_215cf94c_749712a6.jpg
「真ん中の子どもたち」の選評が掲載された文藝春秋(2017年9月号)

第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。

「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。

「他人事を延々と読まされて退屈だった」

第157回芥川賞は7月19日に選考会が開かれ、沼田真佑(しんすけ)氏(38)の「影裏(えいり)」が受賞作となった。選考委員を務めたのは、宮本氏をはじめ、奥泉光氏、村上龍氏、山田詠美氏ら現代文学を代表する作家10人。

温氏は台湾・台北市で生まれ、3歳の頃に東京に引っ越し、台湾語混じりの中国語を話す両親のもとで育った。候補作となった「真ん中の子どもたち」は、台湾出身の母と日本人の父を持つ若者が自らの生き方を模索する姿を「母語」をテーマに描いた作品だ。

この作品に対する宮本氏の選評は、次のようなものだった。

「これは、当事者たちには深刻なアイデンティティーと向き合うテーマかもしれないが、日本人の読み手にとっては対岸の火事であって、同調しにくい。なるほど、そういう問題も起こるのであろうという程度で、他人事を延々と読まされて退屈だった」(「文藝春秋」2017年9月号より)

こうした宮本氏の批評について、温氏は掲載誌の発売翌日にあたる8月12日未明(日本時間)、ツイッターで怒りを爆発させた。「どんなに厳しい批評でも耳を傾ける覚悟はあるつもりだ」と前置きした上で、

「でも第157回芥川賞某選考委員の『日本人の読み手にとっては対岸の火事』『当時者にとっては深刻だろうが退屈だった』にはさすがに怒りが湧いた。こんなの、日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わないからこその反応だよね」

と指摘。続くツイートでは、「おかげさまで炎は燃えあがる一方。ここが『対岸』かどうか、今に見ててね」と挑戦的な一言を送っている。

「選評を読んで絶句した」

温氏はさらに、12日早朝にも「あぁ、また呼吸が浅くなる。半日たつのに、怒りがまだしずまらない。こんなに怒ったのはひさしぶりだ」と投稿。ただ、温氏の憤りに共感した一般ユーザーのつぶやきにリプライ(返信)する形で、

「その選考委員と似た考えを持つ方々を脅かしたいのでも貶めたいのでもない。ただ、分かち合いたいのです。だからのっけからはねつけられて、もどかしく悲しく怒りに震えました...でも、めげません!」

と前を向くような言葉も寄せている。

一連の温氏の投稿はインターネット上で注目を集め、ツイッターやネット掲示板には、

「宮本輝ってこんな人だったのか。この無神経さでよく作家をやってるな」
「この論評自体は批判されて然るべきだし残念に思う」
「文学って、その対岸へと橋渡しをするようなものではないの?すべての物語は『他人事』だよ」

など、温氏に共感する意見が相次いでいる。

そのほか、作家の星野智幸氏は12日のツイートで「これはもう差別発言」と指摘、詩人の文月悠光(ふづき・ゆみ)氏も「この部分、私も選評を読んで絶句した」と同日にツイートしていた。

「おかしなことは書いてない」との声も

ただ、他の選考委員の批評を見ても、温氏の作品に厳しい意見はあった。例えば、次のようなものだ。

「『母国語』とアイデンティティーという切実なテーマだけが、ブルドーザーのように眼前に迫ってくる。これでは読者は怖くて飛び退くしかない」(吉田修一氏)
「既に自己の特異性を痛快にエッセイに書いた後、それをノベライズしても二番煎じを超えない」(島田雅彦氏)

こうした他の選考委員の意見を踏まえた上で、インターネット上には、

「対岸の火事だと思っている人の意識を変えることができなかった、力不足な作品だ、と言っているのであり、選評としてこれはアリ」
「宮本輝氏の選評は特におかしなことは書いてないと思う。ただ言葉足らずな印象を受ける」

と選評全体としては「問題ない」とみるユーザーも出ており、全体として賛否が分かれている印象だ。

なお、温氏は17日に更新したツイッターで改めてこの問題に言及。「作品への評価ならどんな叱咤激励にも心して耳を傾ける」とした上で、

「『怒り』を表明したのは作品以前の問題と判断したからだ。日本で最も有名だと思われる文学新人賞の場に、あの選評を許容する余地があったことがショックだった」

と振り返っていた。



http://news.livedoor.com/article/detail/13490735/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

お騒がせ女・泰葉が自己破産か!?

9b868_759_093f3d33_8418b302-m.jpg

 歌手の泰葉が、近く自己破産する見込みであることを16日、自身のブログで明らかにした。

 泰葉は同日の夜に「残念ですが」のタイトルでブログを更新。それまでもブログで再三ストーカー行為を受け、警察に相談したことも明かしたすでに更迭した個人事務所元スタッフの実名を出し、〈業務不履行ストーカー行為により私は自己破産 そして 会社は倒産の道を歩まなくてはならなくなりました〉と現状を明かし、〈裸一貫で頑張ります!〉と意気込んだ。

 実家の海老名家と絶縁したことを明かし、SNSで知り合ったイラン人の恋人がいることも明かした泰葉。しかし、その後、更新したブログでは、再び元スタッフを名指し、〈家族との仲を引き裂いて そして 恋人との仲も断絶させようとした〉と暴露した。

 泰葉によると、その元スタッフのおかげで、父で落語家・林家三平氏の命日9月20日に予定していたミニアルバム「フライディ・チャイナタウン」の制作は暗礁に乗り上げている状態。17日に更新したブログでは、〈2年後に引退します〉と宣言。東京ドームでの引退コンサートや引退後の米ロサンゼルス移住などに思いをめぐらせていた。

 「ここ1週間ほどは元スタッフのストーカー行為をブログで告発し続けていた。元スタッフの写真を掲載し、妻の職場まで明かすなど、一歩間違ったら名誉毀損で訴えられそうなレベル。今のうちは泰葉が一方的に“攻撃”を仕掛けているが、そのうち元スタッフからの“反撃”があるのでは」(音楽業界関係者)

 泰葉のブログをさかのぼると、元スタッフは、今月7日に発売された「週刊ポスト」(小学館)に掲載された泰葉のヘアヌードを撮影した7月25日から豹変。

 ストーカーまがいの行為を重ね、個人事務所の印鑑・実印などを持っているが返還に応じないというが、ブログの内容がどこまで“真実”なのかが気になるところだ。

http://npn.co.jp/article/detail/70724941/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

藤井四段 初の地上波生放送決定!9・3NHK杯VS森内九段

m_sponichi-spngoo-20170817-0130.jpg
藤井聡太四段

(スポニチアネックス)

 将棋の中学生プロ、藤井聡太四段(15)が出場しているテレビ棋戦「第67回NHK杯テレビ将棋トーナメント」(Eテレ)の2回戦の対局(9月3日)が、異例の生放送で実施されることが17日、決定した。相手は、シード棋士で永世名人の資格を持つ森内俊之九段(46)。ひとまず午前10時から正午までの2時間枠だが、対局終了まで放送を継続。藤井四段の対局が地上波で生放送されるのは初で、注目を集めそうだ。

 同棋戦は通常事前収録で、日曜午前10時30分から1時間30分の放送。今回、2時間枠を超えた場合、Eテレのサブチャンネルを使うなど放送形態は検討中というが、勝敗が決するまで生放送を行う。

 解説は佐藤康光九段(47)中村太地六段(29)、聞き手は藤田綾女流二段(30)。

 前日2日には、特集番組「名棋士が読み解く 藤井聡太“強さ”の秘密」(Eテレ、後3・00)がオンエアされる。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment
/sponichi-spngoo-20170817-0130.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「不貞騒動がウヤムヤ決着」斉藤由貴がモルモン教会から「除名」される日!

20170817_asagei_saitou-250x250.jpg
 50代男性医師との不貞交際疑惑を「週刊文春」に報じられた女優・斉藤由貴が都内で釈明会見を行ったのは、8月3日。

「斉藤は手つなぎデートについて、足元が覚束なくて支えてもらったとしながら、『一瞬甘えたくなった』と告白するも、医師との関係については『家族全員がお世話になっている』と不貞疑惑は否定しました。ですが、自宅とは別のマンションに医療器具を置いておく形で“往診”に来てもらっているという説明にはかなり無理がありますね」(芸能記者)

 斉藤と言えば、80年代にヒット曲も連発するなどアイドル女優として絶大な人気を集める一方、独身時代に、故尾崎豊や川崎麻世との「不貞」が報じられ、“魔性の女”として知られている。

 テレビ局の情報番組ディレクターが苦笑まじりに語る。

「斉藤さんの所属事務所は老舗の大手プロで、対応にプライドの高さを感じることもあるんですが、さすがに今回は所属タレントの不貞絡みの会見とあって現場でもかなり低姿勢だったそうです。メディアを選別することなく広く受け入れ、会見場には100人近い報道陣が集まりました」

 斉藤の魔性ぶりは老舗の大手芸能プロの態度をも変化させたようだが、今回は、前回の不貞会見時からほぼ四半世紀が経過。当時と異なり、斉藤も自分と同様にモルモン教徒である夫と3人の子を持つ既婚者だ。ベテラン芸能記者が言う。

「モルモン教は酒やタバコ、コーヒーも禁止で、根本にあるのは『家族は天国』という教義で、不貞などもってのほか。かつて、川崎との不貞が発覚した際に斉藤は『教会から除名処分を受けてもしかたない』とも話していた。ただ、当時、同じ教会に通っていた信者に取材した時は、彼女はもともとあまり熱心に通わず、都合がいい時だけ、教徒であることを強調している印象だったと話していましたからね。今回で斉藤は尾崎一家、川崎家に加え、相手医師と自分の家族という4つの『天国』を破壊したことにもなりかねない。除名処分だってないとは言い切れませんよ」

 斉藤が、主役の渡辺直美を振り回す姑を演じるドラマ「カンナさーん!」(TBS系)の視聴率は不貞騒動直後に一桁台に下がったが、8月15日放送回では10.2%に回復。新たに宮迫博之の不貞騒動も起きて、斉藤の騒動はウヤムヤになってしまいそう。少なくともドラマから“除名”されることはなさそうだが…。

(しおさわ かつつね)

http://www.asagei.com/excerpt/87003

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

ネットユーザーが選んだ人気温泉地ランキング ❤ じゃらん ❤

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア