Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO 阪神タイガース

崖っぷちの鳥谷に異変! 「明るくなった」の声が続出

97971578.jpg
 「しっかりレギュラーとして(試合に)出られるポジションを見つけて、そこで勝負したい」

“崖っぷち”の鳥谷敬(35)がそう語ったのは、1月24日に逆上る。同日、鳥谷は報道陣に自主トレを公開し、その練習後の囲み会見で今季の豊富として心情を打ち明けたのだ。

 額面通りに捉えれば、「ショートのポジション」にはこだわらないということになる。昨年末、金本知憲監督(48)が明かしたところによると、その鳥谷と11月中に話し合い、2017年はショート一本で勝負するとのことだった。鳥谷の考え方が変わったのか…。

 関西で活躍するプロ野球解説者の一人がこう言う。

 「鳥谷は長くチームの中核選手としてやってきたので、影響力の大きい選手です。昨年の秋季キャンプでの金本監督の北條(史也=22)に対する評価を聞いていると、鳥谷がショートのポジションを取り返すのは難しいと思いました。北條は実戦のなかで成長していくタイプと首脳陣は見ており、その北條と鳥谷が同じショートのポジションを争ったら、どちらか一方がベンチスタートしなければならない」

 今年の阪神内野陣は“総入れ替え”の可能性もある。三塁には新外国人選手のキャンベル、新人の大山、同・糸原、中谷、陽川らが争い、二塁にも外野との併用となる板山、上本、荒木、そして、大和がいる。いずれ、西岡も復帰するだろう。また、4番が予定されているキャンベルは「守備難」とも伝えられており、三塁が守れないとなれば、一塁にまわされる。「センター・糸井とライト・福留以外はどうなるか分からない」というのが現状で、鳥谷が若い北條と張り合うのを避ける判断をしたとしても、レギュラー再奪取の確証はどこにもない。

 しかし、チーム関係者の多くは「今年の鳥谷は明るくなった」と話す。

 「性格はいい意味での唯我独尊。自分と向き合い、突き詰めていくタイプで、自分から周囲に声を掛けていくほうではない。キャプテンの重職を外れ、自分本来のスタイルに戻れたからでは」(球界関係者)

 昨季、鳥谷の打撃が不振に陥るのと同時に、チームも失速していった。自身が打撃不振では若手にも声を掛けにくい。レギュラーを長く張ってきた選手でもあり、そのベテランが試合開始と同時にベンチにいるようでは、やはり周囲も気を遣ってしまう。そのよそよそしさは鳥谷自身も感じていたはずだ。

 キャプテンを福留に代えたのは、鳥谷を本来の姿に戻すためでもあったようだ。

 「金本監督は『バットを強く振れ』と全選手に指示していました。ただ、鳥谷の打撃は柔らかさが持ち味であって、そういう打撃スイングが合わなかったのかもしれない」(同)

 昨年、金本監督は「鳥谷に任す」とも話していた。それは守備位置のことだけではなく、打撃スタイルのことも含まれていたとすれば、北條と鳥谷の両方がスタメンに名を連ねてくるのではないだろうか。

http://npn.co.jp/article/detail/97971578/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

球界スクープ! 「トラの子の一点」 阪神優勝への秘策! 元レッドソックス主砲を後半戦から助っ人投入

d69c5172746dac4b802d2cfee8634395.jpg
ホンマかいな???
メジャーでも最強の打者だったが、既に44歳。
助っ人として、通用するかどうか…日本のプロ野球も、そんなに甘くはないよね。
まあ、独立リーグで、どこまでやれるかで、なんとなくわかるだろう。

 メジャーリーグで通算2574安打、555本塁打を放った伝説の強打者マニー・ラミレス外野手(44)が日本球界入りすると報じられた。それも、入団するのはNPB12球団ではなく、四国アイランドリーグPlusの高知ファイティングドッグス。このラミレスとは、どういう選手なのか?
 「レゲエの神様、ボブ・マーリーを彷彿させる縄暖簾のようなドレッドヘアで知られ、“怪人”の異名を持つドミニカン。レッドソックス時代の2004年にホームラン王に輝き、チームの86年ぶりのワールド・シリーズ制覇に貢献しました」(スポーツ紙デスク)

 メジャー通算で歴代15位の555本塁打をはじめ、通算打率3割1分2厘、出塁率4割1分1厘で、主に4番として活躍。過去に来日した元メジャーリーガーの中でも最強のスラッガーだ。
 「そんな華々しい経歴を持つラミレスですが、'09年に禁止薬物を使用したとして出場停止処分を受けています。'11年にも再び薬物規定違反の疑いがもたれ、追われるようにメジャーから引退。しかし、'13年に台湾で現役復帰し、'14年には米・カブスとマイナー契約を結び、3Aでプレーを続けてきました。メジャー通算19年で約243億円を稼いだ大富豪で、『金銭より大好きな野球を続けたい』という一念から来日するようです。ベースボールそのものを楽しみたいのでしょう」(同)

 元スーパースターとはいえ、言うなれば典型的な“訳あり商品”。しかし、そこに目を付けたのが「右の大砲」不足に悩む阪神だ。
 主砲の福留孝介、FAで獲得した糸井嘉男(前オリックス)はいずれも左打者。ドラフト1位ルーキーの大山悠輔内野手は右の大砲候補だが、いかんせん新人で育成に時間が掛かる。

 「右の大砲」を欲しがる理由は、まだある。
 今季のセ・リーグは「巨人がぶっちぎり優勝する」というのが大方の見方だ。打撃陣には球界を代表するリードオフマンの陽岱鋼外野手(前日本ハム)が加入。不安材料だった中継投手陣も、通算141HPの変則左腕・森福充彦投手(前ソフトバンク)、さらに、先発には2ケタ確実な前DeNAのエース山口俊投手をFAで獲得。昨年末も、トレードでゲットした前日本ハムの左腕エース吉川光夫が先発陣の一角に加わるはずで、30億円超の巨大補強が巨人を甦らせるというのだ。

 2年目を迎えた金本阪神の主な即戦力補強は糸井だけ。巨人を打ち負かすには、コマ不足の感は否めない。そこで、冒険を覚悟で、訳あり商品に触手を伸ばす必要があると判断したのだ。
 「球界は昨年、清原和博氏が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたこともあり、薬物に神経をとがらせています。阪神としても、かつて禁止薬物に手を出した選手をいきなり入団させれば、マスコミの格好の餌食になるのは明白で、チームの士気にも影響が出かねません。そこで、まず独立リーグでプレーさせて、球界内外の反応を見ようとしているのです。いわば試用期間。そこで問題が起こらず、かつタイガースが夏頃まで優勝争いを展開した場合、オールスター明けから投入するというシナリオです。巨人がどれだけ左投手を補強しようとも、右の大砲ラミレスが加われば恐れるに足らず。一気にスパートをかけ、ゴール前で逆転優勝する青写真です」(ベテラン阪神担当記者)

 阪神と高知は、極めて友好的な関係にある。高知県安芸市は、かつて阪神が一軍キャンプを張った地で、今も二軍キャンプが行われている。'15年6月にはレンジャーズを自由契約になった藤川球児投手が高知に入団し、翌'16年に、4年ぶりに阪神に復帰している。
 すでに高知と契約合意したラミレスは3月上旬に来日し、チームに合流するという。契約は、当面は前期のみの3カ月間。月収は通常「月10万円」が相場だが、ラミレスには住宅費などの諸費用込みで40万円が支払われるとの噂で、背番号はドジャースなどでつけていた「99」に内定している。
 「日米野球などで5回以上の来日経験があり、日本の文化、環境には慣れています。高知はソフトバンクの三軍とホームアンドアウェーで2試合ずつ計4試合の定期交流戦を実施しています。レッドソックス時代にエースと主砲としてチームを支えた松坂大輔と対戦する可能性もあり、『楽しみ』と話していました。しかし、これはブラックユーモアではない。日本シリーズでの対決を示唆しているのです」(前出・スポーツ紙デスク)

 しかし、独立リーグといえども、薬物問題がクリアにならなければビザも下りない。阪神はそれをも静観しているのだ。
 「金本監督は今季後半の優勝戦略として、福留、ラミレスを3、4番に据えるプランを考えている。開幕時は糸井と昨季の新人王・高山俊を1、2番で起用するけど、後半戦から糸井を5番に固定し、ジクザグのクリーンナップを完成させる。楽しみやね」(阪神OBの野球解説者)

 星野仙一監督、岡田彰布監督時代は就任2年目に優勝している。それも1年目は、金本阪神と同じ4位スタートだった。今年のタイガースは侮れない。

http://npn.co.jp/article/detail/82150612/

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

鳥谷はどう思う? トラの公認カレンダー事件

重圧に弱いのかなあ…って、そんなメンタルじゃ、成績も上がらないか。
でも、間違いなくチーム浮上のキーマンは鳥谷、それに藤浪だと思う。
糸井が入ってチームの雰囲気が良くなればいいね。

18009388.jpg
 このカレンダーの人選は「精神的負担」にならないだろうか。

 阪神タイガースが販売する公認カレンダーは優良商品である。壁掛け、卓上タイプ、人気選手個人のものなどがあり、関係者によれば、壁掛けタイプは発行部数約16万部の売上げトップ商品だそうだ。

 「どの球団もそうですが、1月は監督。3月と4月に起用される選手は『チームの顔』です」(球界関係者)

 主力選手をどの「月」に配置するか、一人で撮影するか、それとも、複数になるかは、フロントが決めるという。前年度の成績、チームの意向、個人グッズの売上げなどが検討材料となるのだが、2017年度版の3月と4月に起用されたのは、鳥谷敬(35)と藤浪晋太郎(22)だ。球団HPでもサンプルが開示されているが、両選手とも16年は成績を落としている。とくに鳥谷は打率2割3分6厘まで沈み、連続フルイニング出場の記録が途切れるなど“最悪のシーズン”だったはず。関西圏で活動しているプロ野球解説者がこう言う。

 「トリ(鳥谷)の成績が落ちるにしたがって、チームの雰囲気も悪くなった」

 鳥谷を非難しているのではない。金本知憲監督(48)がチーム改革の筆頭キーマンに挙げたように、鳥谷は大きな影響力を持った選手なのだ。報道陣に見せる限りの性格は口数が少なく、仲間たちを誘ってどこかに出歩くようなタイプでもない。遊撃手、中核打者としての役目をそつなくこなし、その堅実さでチームから一目置かれていた。

 「球場入りの早さでは、鳥谷はチームで1、2を争っています。マシン相手に黙々と打撃練習をこなし、そのルーティンは不振に陥ったときも、また、スタメンを外されてからもその姿勢は変わらなかった」(前出・プロ野球解説者)

 金本監督から「もっと声を出せ」「チームを引っ張って」と叱咤され、鳥谷もその期待に応えようとしていた。キャンプ中から別人のように声を張り上げてきた。しかし、自身の成績が悪いと、声を出しにくくなる。悩むこともあった。その重苦しい空気がチーム全体に伝染して行った。

 「今季からキャプテンは福留(孝介=39)に代わります。福留は『トリの負担を少なくしたい』と言っていました。鳥谷が復活すれば、阪神は自ずと強くなるという意味」(前出・同)

 責任感の強い男でもある。チーム改革の筆頭キーマンとしての重圧が、鳥谷を不振に落とし込んだのではないだろうか。球団が公認カレンダーの“主役”に選んだのはこれまでの功績ではなく、「復活を信じている」というメッセージではないだろうか。

 鳥谷自身も公認カレンダーの配置については分かっているはずだ。そのフロントからの檄を発奮材料にできるか、それとも、新たな精神的重圧となってしまうのか…。

 金本阪神の命運はベテラン鳥谷のバットに掛かっている。

http://npn.co.jp/article/detail/18009388/

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

阪神 アニキvs掛布 新井弟プロテクト漏れ意趣返し

160427h.jpg

 FAした糸井獲得の代償は『人的補償』で終わりではない。首脳陣の衝突、それも中核である金本知憲監督(48)と掛布雅之二軍監督(61)の信頼関係にも影響してきそうだ。
 「経営陣も糸井獲得の代償が小さくないことは覚悟していました。11月11日の初交渉とほぼ同時にプロテクト名簿の作成を始めています」(球界関係者)

 FAによる戦力補強には苦い思い出がある。2011年1月、千葉ロッテからFA宣言した小林宏(本名=宏之)を獲得した際には「人的補償は求めてこない」と読み間違え、有望株の高濱卓也を失った。新井貴浩を獲得した'07年も、俊足の赤松真人を奪われている。致命的な痛手にはならなかったものの、「相手球団の編成が阪神選手を物色した結果。その動揺は大きかった。特に'11年、高濱を失ったときはね」(同)と、精神面でのダメージは避けられなかった。

 今回もオリックス側から「リスト漏れすれば」と、鳥谷敬、福留孝介らのベテラン獲得宣言があり、阪神サイドは揺さぶられた。実際に一本釣りされたのは中継ぎ投手の金田和之。今季わずか6試合しか投げていないが、阪神サイドは28人のプロテクト名簿を何度か作り替えていたという。
 「通常、高額年俸のベテランは『手を出してこない』と読み、あえてリストから外すもの。オリックスのベテラン獲得の陽動作戦により、阪神は本来ならガードしたいはずの中堅、若手も外さざるを得ませんでした。もっとも、金本監督が就任するまでの阪神ドラフトは、他球団が下位での指名を考えていた選手を上位指名していたとされ、ベテラン優先の名簿となっても、『磨けば光る原石』といえる若手はいなかったとも聞いています」(ベテラン記者)

 しかし、中堅、若手を大量に外した今回の名簿に「待った」の声も出ていた。
 「秋季キャンプで、金本監督は野手のほとんどを自分で見たいとし、二軍の掛布監督のもとに預けられたのは西田直斗と新井良太の2人だけでした。でも、危機意識を持った新井は掛布二軍監督の指導で、打撃面での自信を深めました。掛布二軍監督は『新外国人はいらない。新井弟は絶対にイケる!』と報告していたんです」(前出・関係者)

 名簿は完全非公開となっているが、関係者の話を集めてみると、その新井良太(広島・新井貴浩の実弟)はプロテクト漏れしたようだ。若手優先のスローガンは分かっているが、掛布二軍監督は「何のために新井弟を再生させるんだ!?」との疑問も生じるだろう。
 「金田は今季4月の広島戦で3四球と大荒れし、金本監督に『どんな気持ちで投げているのか、まったく分からん!』と怒鳴られています。以後、信頼を取り戻せず、本人のためにも、今回の移籍はよかったのかもしれません」(同)

 一度ダメ出しした選手には見向きもしない…。金本監督のそんな一面も見えてきた。育成と再生を託された掛布二軍監督の不信感は、トラ崩壊の前兆と見えなくもない。

http://npn.co.jp/article/detail/34718992/

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

阪神の糸井FA交渉で始まる「トラの崩壊」

14772172.jpg
 11月11日、FA権を行使した選手との交渉が解禁となる。『糸井争奪戦』が始まるわけだ。糸井嘉男、35歳。今季、53盗塁をマークし、プロ野球史上、最長年齢での同タイトル獲得を決めた。年齢を感じさせない脚力はもちろんだが、今季の成績は打率3割6厘、本塁打17、打点70。通算打率も3割を越えており、阪神・金本知憲監督(48)が自ら交渉の席に出馬する旨を明かしたのも分からなくはない。
 「金本監督の口から『糸井』の名前が初めて出たのは、8月27日の拡大編成会議の席でした。同会議で主に話し合ったのは、ドラフト候補選手のことでした」(球界関係者)
 同時期の編成会議の議案といえば、ドラフト指名候補のことである。「拡大」の名称はついているが、FA、トレード、外国人選手の獲得目処、二軍選手の成長等も重ねて、上位指名候補を絞り込む会議のことだ。その席上で、金本監督は「是非、獲って下さい」と上層部に願い出たそうだ。

 早い時期に“本命選手”の名前が出たためだと思われるが、今オフの阪神の補強は一本化している。阪神はFAや日本球界に帰還するメジャーリーガーなど、毎年のように外部補強を行ってきた。日本人メジャーリーガーは渉外、FAは編成。担当が異なるせいもあるが、交渉過程で本命が二転三転することもあった。また、これも本命が早く決まったためと思われるが、関西メディアは「糸井の阪神入り」を既成事実のように伝えていた。関西全体で「トラの糸井誕生」の気運が高まっている。そう言っても過言ではない。
 しかし、交渉はどうなるか分からない。糸井争奪戦の勝者は本当に阪神と言っていいのだろうか。
 「オリックス関係者から出た情報として、阪神のゴメスを獲る、と。阪神はゴメスとの契約を『保留』したまま。糸井との交渉が最優先となったため、手付かずになってしまったんです。糸井が獲れたのなら、ゴメスとの契約は延長しないかも」(在阪記者)
 ゴメス強奪の話が本当ならば、糸井強奪の報復手段をオリックス側も考えていると見るべきだろう。
 思い付くのは『人的補償』だ。糸井はチーム内年俸ランキングで5傑に入っていない。したがって、Bランクとなり、旧在籍チームは人的補償を要求すれば、「プロテクト名簿の28人から漏れた選手1名」と「今季年俸40%」を得られる。金銭のほうはともかくとして、今の阪神はプロテクト名簿を作るのが難しい時期にある。

 一軍コーチ経験を持つプロ野球解説者がこう言う。
 「一般論として、28人のプロテクト名簿は、そのシーズンの一軍ベンチ入り選手ですね。一軍の試合出場登録選手数は25人。名簿には外国人選手を入れなくていいので、その分を一軍出場していない有望な若手、前年ドラフトの上位指名選手などを入れていきます。『高額年俸の選手には手を出さない』という読みもあります。相手球団の補強ポイントが外野だとしたら、年俸の高いベテラン内野手を外して、外野手を多めにプロテクトするなどして対応していました」

 オリックスの守備位置的な補強ポイントは、外野手だと言われている。
 もし本当に阪神が糸井を獲得し、プロテクト名簿を作ることになったら、大和(登録は外野手)、福留、高山、横田、江越、板山の名簿入りは確実。主力内野手ももちろんだが、今の阪神は投手と捕手も多めにプロテクトしなければならない。「プロテクト名簿=一軍登録メンバー」でまとめるとしたら、一軍に定着できなかった中堅、若手が外れる。しかし、横山、歳内、秋山、竹安、望月、松田、島本らは獲られたくないはず。捕手も原口、坂本、梅野はともかく、チームの精神的支柱・岡崎はどうするのか、また、内野手にしても、金本監督が期待する植田、陽川はどうするのか。そう考えると、「高額年俸のベテランには手を出さない」という読みのもと、福留、鳥谷、西岡、能見を外して、若手を守る名簿作りをするのではないだろうか。
 「オリックスはチーム総年俸で12球団中3位です。ソフトバンク、巨人に次ぐ資金力のある球団なんです」(前出・プロ野球解説者)
 高額年俸のベテランを抱えることが可能な球団なのだ。オリックスはオフの話題をかっさらうような人的補償を行うことも可能だ。阪神は世代交代の時期にあり、ベテランも若手も失いたくない。糸井獲得に成功しても、「チームの顔」を喪失してしまうかもしれない。

http://npn.co.jp/article/detail/14772172/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

穴党じゃダメなんですか?

YoutubeJapan ユーチューブジャパン

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア