Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO つぶやき

豊田議員「この、ハゲェーー!」はヘイト 薄毛に悩む人々「報道もう止めて!」

5f301_80_060e4578_70c0e4d8.jpg
「このハゲェーー!」発言の影響力(画像はイメージです)

「この、ハゲェーーーーーーっ!」。豊田真由子衆院議員(42)が男性秘書に浴びせたとされる暴言がニュース番組などで繰り返し放送されたことに、薄毛に悩む男性が精神的なダメージを受けているようだ。

実際、ツイッターやネット掲示板には、「もう聞きたくない」「勘弁して...」と嘆く声が相次いでいる。さらに、薄毛の学生が集まる早稲田大学の非公認サークルは、豊田議員の「ハゲ」発言に対する抗議声明をツイッターで発表。現職議員による「衝撃発言」が、思わぬ形で波紋を広げている。

繰り返し流される「絶叫報道」

豊田議員の男性秘書への暴言・暴行を報じたのは、2017年6月22日発売(首都圏など)の「週刊新潮」だ。元秘書の男性(55)の告発をもとにした記事で、同誌のウェブ版にはこの男性が録音したという音声データの一部が公開されている。

5月20日夜に録音されたというこの音声データには、豊田議員とみられる女性が、

「この、ハゲェーーーーーーっ!ちーがーうだろぉーーーー!」

などと絶叫する様子がおさめられている。なお、豊田議員は今回の報道を受け、6月22日夕、所属していた自民党に離党届を提出したと報じられている。

こうした「絶叫音声」は、週刊新潮が発売された22日以降、各局ワイドショーやニュース番組で繰り返し放送された。これにうんざりしている様子なのが、薄毛に悩む男性たちだ。実際、ツイッターやネット掲示板には、今回の「ハゲ」発言がテレビで何度も取り上げられることに対し、

「昨日から豊田真由子の『このハゲ~ッ!』という罵声を昼となく夜となくテレビから浴びせられてアタマにきてる!もういい加減報道を止めてくれないか?」
「TVから『このハゲ~!』と聞こえてくると、何だかなぁ。 後頭部薄くなってきたし...」
「ハゲ~!をテレビで連呼されると少し傷つく」
「テレビから『このハゲーーーーー!!!!!』って聞こえてくるようになった。ビクッ!!!!!てするからやめて」

といった声が相次いで上がっている。

早大サークル「これはある種のヘイトスピーチ」

薄毛の学生が集まって結成したという早稲田大学の非公認サークル「早大増門会」は22日未明、「豊田真由子議員の発言に対する抗議声明」と題した文書をツイッターで公開した。

同サークルは16年4月に創立。17年6月現在、22人の現役大学生が所属しており、通常は「育毛研究や発毛研究、ハゲの人権回復運動」などの活動をしているという。今回の声明では豊田氏の発言について、

「全国の薄毛や抜け毛に悩む、いわゆるハゲと呼ばれる方々の実情と心証を全く無視した発言であり、彼らは深い悲しみと憤りを憶えたに違いありません。これはある種のヘイトスピーチであり、豊田真由子衆院議員は国民の代表たる政治家としての資質に著しく欠如していると言わざるを得ません」

と厳しく非難。その上で、(1)豊田議員の謝罪と発言の撤回、議員辞職(2)各政党における再発防止策の徹底(3)薄毛への差別徹底などのための早急な法整備――の3点を要求している。

いったいなぜ、こうした声明を発表したのか。同サークルの広報担当者はJ-CASTニュースの取材に、

「第一報を確認した会員から『これはハゲを侮辱しているのではないか』と通報がありました。それを受けて会内で協議を行い、政治家という身分の者が差別的発言を行なったという事態の重要性を再確認しました。そして何かしらの意思表示を会として行うべきと一致した次第です」

と説明する。続けて、「このハゲ」という発言を耳にした際の心境について、担当者は、

「率直に言って驚きました。私たちもハゲと罵倒されることはよくありますし、慣れていますが、あそこまでの絶叫は見たことがありません。ハゲを侮辱していることへの怒りが湧いてきたのは、その後でした」

と振り返る。その上で、

「今回と同じようなケースは皆様の日常生活にも潜んでいます。軽いノリで言った発言が、相手を傷つけているかもしれません。今回のことを他人事と思わず、ご自身の生活を振り返る良い機会として貰いたいです」

とも呼び掛けた。

「はげます会」幹事長「その程度の人間だということです」

一部の男性の悲しみの声に共感するのが、頭髪の薄い男性が集まる青森県鶴田町の「ツル多はげます会」の成田晃生(あきお)幹事長(81)だ。同会は「禿げの光は 平和の光 暗い世の中 明るく照らす」をモットーに、「ハゲ頭」をネタにした町おこし活動を行う団体だ。

20代前半から頭髪が薄くなってきたという同会幹事長の成田さんは、6月23日のJ-CASTニュースの取材に、

「ちょっとあの発言は酷いですよね。私はもう高齢なので、そこまで怒りの感情は湧きませんが、もし若い頃に言われていたら『何だコノヤロー』とかなり憤っていたと思います。今はハゲ頭をネタにできるようになったのですが、何だかんだ言って薄毛は大きなコンプレックスでしたから」

と話す。その上で、豊田議員の発言にショックを受けている人が出ていることについては、

「あのような言葉を発するということは、その程度の人間だということです。いくら学識がある国会議員といっても、それは変わりません。皆さんもあまり気にしないで欲しいですね」

と励ましの言葉を送っていた。



http://news.livedoor.com/article/detail/13243885/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

中国で「翔」という名前は「うんこ」という意味になってしまう?

E7BF94.gif

キラキラネームやDQNネームと呼ばれている「変わった」名前があるのはご存知の通り。日本だけでなく、世界各国にもそういった名前は存在する。

そんなキラキラネームだが、中国では近年、「翔」という名前がキラキラネームになってしまっているらしい。なぜかというと、「翔」に「うんこ」という意味があるからだという──。

会話授業で日本の流行を取り上げた

日本語学習者のほとんどは日本文化に興味がある。アニメはもとよりアイドル、ファッションなどなど。日本人より詳しいのではないだろうか。

中国で日本語を教えていたときも、学生の話についていくために、日本人であるはずの私が日本の文化を調べていたほどだ。会話の授業では、教え方よりも引き出しの多さが武器になるといっても過言ではない。

その日の授業は流行語についての会話だった。

何気ない会話から衝撃的な事実が発覚

日本で話題となっている言葉を説明した後に、「中国ではどんな言葉が流行っていますか?」という質問をしたときのことだ。

学生は「 “しょう” です」と答えてくれた。ホワイトボードに書いてもらった字は「翔」。中国でも名前に使うことが多い字だ。どうして流行語なのかと聞いたところ、

「翔は “うんこ” の意味があります!」と元気いっぱいに答えてくれた。

なぜ “うんこ” なのか

「翔」は「空高く飛ぶ」という意味がある良い意味の漢字のはずだ。「うんこ」とは結びつかない。共通点はひらがなにすると3文字というぐらいだ。

理由を聞くと、ネットで流行っている言葉だという。もともとは方言から来ているということを教えてくれたが、学生も由来はよくわかっておらず、曖昧な答えだった。

気になったので調べてみると、「軍神」と呼ばれた「李翔」という人物が関係しているということだったが、方言由来説など諸説あるので確定は出来なかった。

ただ確実に言えることは、「翔」には「うんこ」という意味があるということだけだ。もしあなたが中国に行き、自己紹介をしたときに笑いが起きたら、名前のどこかに変な意味の字が含まれているかもしれない。

執筆:ポンコツ
Photo:RocketNews24.


http://news.livedoor.com/article/detail/9661585/

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

カレは大丈夫?「地図が読める男性」ほど女性に対して●●と判明

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
(2002/09/01)
アラン ピーズ、バーバラ ピーズ 他

商品詳細を見る

以前に、『話を聞かない男、地図が読めない女』という本が出版され、話題になりました。たしかに個人差があるとはいえ、地図を読むことは男性のほうが女性に比べて、得意かもしれませんよね。

地図を読むのは男性のほうが得意ということに関して、じつは、この特徴の大小が、男性の恋愛傾向と深く結びついているのではないかということが、ユタ大学の研究によってあきらかになりました。

いったいどういうことだとおもいますか。その理由を、イギリスの情報サイト『MailOnline』に掲載された記事を参考に紹介したいとおもいます。

■男性が地図を読めるのは女性をつかまえるため

研究チームは、アフリカ・ナミビアの北西に住む2つの部族を調査しました。

この部族は、移動しながら生活をしているという部族です。そして、この部族の男性たちは、自分の妻や恋人以外の女性とも自由にエッチをすることができるという、日本の女性の観点からするとちょっと嫌な習慣をもっています。

研究チームによれば、たくさんの女性と関係をもち、子どももたくさんいる男性ほど、地図の読み方や空間認識能力が高いということがわかったんです。

つまり、地図を読むのが得意な男性や空間認識が得意な男性は、女性に対する情熱が熱いということがいえるんです。

いかがですか。これまで、地図を読むのは男性のほうが得意という理由について、狩りなどのでかけるのは古来、男性の主な役割であったことから、遺伝的・進化的に空間認識能力が高いといわれてきました。

でもどうやら、男性たちが追い求めていたものは、狩りの目的である動物だけではなく女性も含まれていたようです。

地図が読むのが得意な男性は、現代日本では要注意かもしれませんね。


http://www.news-postseven.com
/archives/20150124_300078.html

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

多くの人が信じている食に関する誤解―「飲み込んじゃったガムの消化に7年かかる」はウソ

誤解だらけの「食の安全」 (日経プレミアシリーズ)誤解だらけの「食の安全」 (日経プレミアシリーズ)
(2014/07/09)
有路 昌彦

商品詳細を見る

世の中にはさまざまな噂がありますが、なかでもダイエットや食事に関するものはいつも人々の心を翻弄してしまいます。医者や専門家ではない限りうわさが本当なのかどうかなかなか確かめようがないからです。

日本でも食べ合わせに関する根も葉もない有名な噂のひとつに「うなぎと梅干し」があります。うなぎと梅干しを一緒に食べると消化不良につながるのでなるべく避けた方が良いというものです。

しかし専門家によるとこれはまったく根拠のないただの噂であると明らかになっています。そんな噂は日本のみならず海外にもたくさん存在しています。

●七面鳥を食べると眠くなる
アメリカで毎年感謝祭にて食べられている七面鳥の丸焼き。おいしいのですが噂ではこれを食べ過ぎると眠くなってしまうと言われています。

トリプトファンという成分が睡眠を誘発するそうですが、七面鳥にはそこまでの量は含まれていないので、これはまったくの誤解なのだそうです。

●ガムの消化には7年かかる
アメリカではガムを飲み込んでしまうと、消化には7年を有するので決してしないようにと言い伝えられています。ガムは消化不良の原因になることは事実ですが、きちんと体の外に排出されることがわかっています。でものどにつまらせたりしないように飲み込まないほうが良いでしょう。

●ベジタリアンのタンパク質不足
肉には豊富なタンパク質が含まれているため、ベジタリアンのタンパク質不足が指摘されています。しかし植物性の食品でも必要量は十分摂取できると栄養士協会が発表しています。

●カルシウムは牛乳から
日本でも牛乳を摂取すると骨が強くなると広く信じられています。確かにその通りなのですが牛乳よりもまたは同等の量のカルシウムを含む食品は他にもたくさんあります。ケール、ほうれん草、豆腐などです。牛乳がどうしても苦手な人は他の食品からカルシウムを摂取することが可能なのです。

食に関する誤解いかがだったでしょうか。

あなたが信じていたものはこの中に含まれていましたか?

噂に踊らされずに健康的な毎日を過ごしたいものですね。


http://news.livedoor.com/article/detail/9526632/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

なぜか悪いことばかり起きる土地――「どんな店が入ってもすぐに潰れる」「必ず事故が起きる交差点」

世の中には、原因は不明だが、なぜか悪いことばかり起きてしまう土地が時折ある。先日も「ガールズちゃんねる」に「土地にまつわる不思議な話」というトピックが立っていた。

なんとも怪奇めいたお題である。季節もぼちぼちいい頃合いなので、たまにはこういう話もしてみよう。(文:松本ミゾレ)

「なんとなく雰囲気が悪い土地、調べたら大昔の処刑場だった」

a590e_1591_dc6785b1593108735a59225c117ead07.jpg

なんでも、この投稿者の地元には、「何か店が入ってもすぐに潰れてしまう場所」というのがあるという。

「新しくラーメン屋に変わったと思ったら、数ヶ月後には台湾料理屋に変わっていたり……という具合です。もう数えきれないくらい変わっていると思います」

これだけではなんとも判断付かないが、まず感じるのは「よほど辺鄙な場所なんだろうなぁ」ということだ。しかしながら、その問題の敷地のすぐ隣にある店は、もう何十年も続く老舗の蕎麦屋なのだという。その辺り一帯の人通りが悪い、ということでもないようだ。

と、このようにしばしば世間には、どうにも解せないような状況を引き起こす土地や建物というのがある。このトピックには他にも、興味を引くコメントが寄せられていた。

「物件を探してる時に、何となく土地の醸し出す雰囲気が嫌いな場所があって、調べたら大昔の処刑場だったことがわかった」
「必ず事故が起こる交差点がうちの近くにもある。 信号までついてるのに、道が狭いからか1年に1度は突っ込まれる焼き鳥屋。死人が出てないだけマシなのか、毎年新築のような佇まい」
「パチンコ屋だったところと銭湯の跡地は何やっても上手くいかないって祖母が話してたな」

個人的には幽霊やら超自然現象やらについては、あんまり強くその実在を信じてはいないんだけど、話としては非常に魅力的に感じられる。

結局のところ「気のせい」なのか?

土地や物件に曰くがあり、そのせいで不具合が生じるなんてなかなか認められた話ではない。だけど、実際に偶然とは言え、おかしな状況が多発する地域もあるわけなので、一概にその真贋を真っ向から否定するのも野暮だろう。

そういえば、僕の地元では10年以上前に、某携帯電話会社の基地局が立った瞬間、地元の中高年らが「頭痛がする」などと言い出して裁判沙汰を起こすということがあった。なんでもこの原告団曰く、基地局のアンテナだか何だかのせいで、原因不明の発汗や体調不良に悩まされるようになったのだそうだ。

僕は一切変調もなかったし、近所の住民の多くは「何にもおかしいことないのに、どういうつもりで騒いでるんだろうね」と訝しがっていた。恐らく、集団ヒステリーが悪い方向に進んだ一例だったのだろう。

そういう状況を見聞きしてきたので、僕は土地の異変やおかしな兆候なんて、大抵は気のせいなんだと思っている。だけど、全てが全て、「気のせい」だけで済まされるとは考えていない。

もしかしたら、住む者の心身をじわじわと蝕むような土地だって、本当にあるのかも知れない。だとしたら、絶対そんなところになんか住みたかない。



http://news.livedoor.com/article/detail/13221334/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

穴党じゃダメなんですか?

ニュースエンターテイメント &  じゃらん

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア