Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO つぶやき

稲田朋美「先生に媚を…」同級生語った“嫌われる女の原点”

f9283_1212_e07cefefc5362e141e950876e47a20cd.jpg
「番記者のぶら下がり取材で稲田大臣に防衛関連の質問をしても、答えずに大臣室に籠もってしまうことが多いんですよ。そのくせ、女性記者が着ている服に反応して『かわいいスカートね。どこで買ったの~?』『その靴、綺麗ね』とか防衛とは関係のない話題には饒舌なんですよね。その空気の読めなさは本当にイヤで“イラッと”します」(防衛省関係者)

大臣の公務や国会に網タイツで臨むなどTPOを弁えないファッションがブーイングを受けてきた稲田朋美防衛相(58)。国有地の格安払い下げを巡る疑惑の渦中にある大阪市の森友学園の弁護士を務めていたのではとの疑惑を追及され、一度は否定。しかし実際は弁護士として出廷した記録があることがわかり、虚偽答弁ではないかと窮地に追い込まれている。

国会を混乱させ、今や“嫌われる女”として批判にさらされる稲田氏は、どのようにして現在に至ったのか――。そのルーツを探るために、彼女が高校時代まで過ごした京都で高校の同級生の話を聞いた。

「勉強はそこそこ出来たのを覚えていますが、地味で、クラスの中心になるタイプではないし、国会議員になるなんて想像もしませんでした」

同じクラスだったという男性は当初、「稲田?ああ、あの“つばき(旧姓の椿原から来ている呼び名)”ね」と、すぐには思い出せなかった様子。他の同級生も一様に地味で印象が薄いという反応だった。しかし詳しく話を聞いていくうちに徐々にそのイラッとさせるエピソードを思い出してくれた。女性の同級生がこう語る。

「試験前に、『勉強した?』と聞いても、必ず『全然してない。もう早くに寝たわ。睡眠時間、ちゃんと取らなあかんしね』って、絶対そんなことないのに。そのくせ先生に『昨日、復習してて、ここわからなかったんですけど』と聞きに行くんです。普段はおとなしいんですけど、先生とかには媚を売るのが結構、上手だった」

同級生に対しては愛想が悪く、会話をすることがほとんどなかったが、先生にはうまく取り入っていたようだ。

「みんな進路が決まったあとの3年生の3学期の後半。ほとんどの生徒は、もう授業も関係ないやんと、サボったりするんですが、“つばき”だけは絶対に休まずに出て、先生に質問したりするものだから、結局、みんなも出なきゃいけないような空気になってしまった」

同級生と交流があまりなかった稲田氏は、いつしかクラスでも“特別な存在”になっていったようだ。前出・女性の同級生は続けて語る。

「“つばき”が大声で笑うのを見たことがありません。大人びた雰囲気で、近寄りがたい存在でもありました。私らとは、ちょっと違うと(笑)。放課後にみんなで遊びに行こうとなったときも遊ぶときも、誰かが『つばきは勉強せんとあかんから、そっとしといたげよ』と言って、最後は『誘わんとこなー』で、つばき抜きで遊んでいた記憶があります」

地味な存在なのに、先生には取り入ってお気に入りに。そうしてクラスでも一目置かれるようになっていった稲田氏。重鎮の政治家に気に入られることによって出世した今につながるエピソードだが、彼女を支えてきたのは父親だったようだ。別の同級生男性は語る。

「彼女とは本の話もしましたが、考え方はお父さんの影響をかなり受けていたようですね。難しそうな小説をよく読んでいたから、『なんでそんなん、読んでるの?』って聞くと『お父さんに読めって言われた』とうれしそうに話していました。お父さんの言うことはなんでも聞いていたようですね」

立教大学教授で心理学が専門の香山リカさんはこう語る。

「稲田さんの人生を辿ると、彼女は権力のある身近な男性に注目され、評価されることで自分の生きる道を作ってきたんじゃないでしょうか。原点にあるのは地元で名士だった父親との主従関係です。常にどこにいても父親にとっての可愛い娘として、ときには幼稚な行動に走ったり、気を引くために可愛がられていた当時のファンシーな格好をするんです」

そのまま成長した稲田氏は、オヤジ社会でちやほやされることで、自分がイケていると勘違いしてしまったのかも!?

「政治は男社会ですから、女性は権力者になにかを教えられる存在で、そのときにいかに可愛くリアクションをして男性を喜ばせることを求められます。そのあたりは昔から長けていたようですね。しかし、いったん権力ある男性の庇護を離れると、自分の力だけではやっていけないのが弱みというか、それが彼女の限界だと思います」

もはや、稲田氏も媚び上手だけで切り抜けるには、厳しい状況になりつつある。

http://news.livedoor.com/article/detail/12837039/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

山健組が代替わり? 神戸山口組「抗争のキーマン」の危ぶまれる今後

yamaguchigumi-550x364.jpg
武力衝突は、今後減少か

 山口組に分裂劇が起こったのは、2015年8月27日のことだった。組織の要職を担っていた直系組長13人が割って出て神戸山口組を結成。以来、全国各地でトラックによる特攻、発砲事件、示威行為が相次ぎ、日本中に緊迫感が漂った。それから1年半あまりが経過した今、闘いの場は意外な場所に移っている。法廷だ。

「昨年5月、岡山県で神戸山口組の金庫番と言われる池田組の若頭が、弘道会系組員によって射殺される事件が起きました。この事件で逮捕された実行犯は一審で無期懲役が下されてますが、共謀の疑いで逮捕された別の2名は不起訴になっていた。この処分を不服として、殺された若頭の遺族が岡山検察審査会に不服を申し立てているのです。この他にも、遺族は民事で司組長を相手どって損害賠償請求を起こす可能性もあり、法の力を使って相手を御する印象を受けます」(全国紙社会部記者)

 こうした神戸山口組の“戦略”に、少なからぬ違和感を覚える組員もいるようだ。池田組と近しい暴力団関係者は次のように語る。

「一般人ならいざしらず、ヤクザ同士の喧嘩では、警察や法に頼ろうものなら上から叱責されるのが普通です。殺された高木若頭はヤクザとして生き、ヤクザとして死んでいきました。岡山で活発に引き抜き工作をしていた当事者ですから、こうなる因果も含んでいたはず。組織のためとはいえ、遺族を使って法律で揺さぶりをかけるヤクザらしくない対応には、疑問を抱いてしまう。分裂後、高木若頭と一心同体となって動いていた織田さんはなおさらでしょうね」

 ここで言う「織田さん」とは、織田絆誠・神戸山口組若頭代行だ。分裂抗争のキーマンとして全国を回り、神戸山口組の“武のシンボル”として、ヤクザ系の実話誌で特集を組まれるほど注目を集めた。

「織田さんと高木若頭は、陣頭指揮を任された2人と言えます。それゆえ、殺されるか、生きて出られないほどの長期刑を覚悟していたはず。神戸山口組の上層部は分裂直後こそ武力抗争待ったなし、で構えていましたが、時間が経つにつれ対応は穏健なものになっていった。“返しは厳禁”が建前ではなく本音では、織田さんとしては、梯子を外された思いもあるのでは」

https://nikkan-spa.jp/1304468

山健組が代替わり? 神戸山口組「抗争のキーマン」の危ぶまれる今後の続きを読む

続きを読む

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

続々・無縁墓あるいは無縁史跡の存在の耐えられない軽さ

21014214.jpg
 東北震災復興支援活動をきっかけに、同地の歴史や文化を紹介する様々なイベントや娯楽作品が生まれた。中でも大きな存在感を示したのが平安時代の蝦夷(えみし、現在の関東地方と東北地方、およびそれ以北を示す)における軍事指導者とされる阿弖流爲(アテルイ)で、岩手県奥州市などでは郷土の英雄として親しまれている。同時に、処刑の地とされる枚方市には、牧野公園内に阿弖流爲の「首塚」とされる築山があり、石碑が建立されて地元の神社も慰霊祭を主催している。

 この「首塚」は地元発行の郷土史ガイドや社会科の副読本、あるいは教科書などでも紹介され、また大衆向け歴史ガイドやインターネットでもそのように伝えられている。ところが、現在「首塚」と伝えられる築山は阿弖流爲が活躍した時代よりも古くから存在する古墳の可能性が高く、少なくとも2006年には「地元の個人が夢のお告げをもとに首塚伝説を創作し、メディアなどを通じてひろめていった」過程まで明らかとなっているのだ。

 また、それ以前の1993年には地元市議会において「牧野公園のマウンド状の高まりが首塚とも呼ばれることをただ一つの根拠にして、ここを阿弖流為が埋葬された場所と特定するに至ったものであります。もちろん地元にはこれを裏付けるような伝承なり、伝説のたぐいは一切ありません。このような経過をたどってきたのが実情でありまして、枚方市としては歴史的根拠のない場所を確たる証拠もないのに、阿弖流為の墓にはできませんし、説明板なり顕彰碑を建設すべきではないと考えます」と教育委員会の担当者が答弁しており、1997年にも地元の市史編纂委員会が『郷土枚方の歴史』において「牧野公園内のマウンドを処刑地あるいは首塚とする歴史的根拠はまったくない」と断じている。

 にも関わらず、少なくとも2003年からは一転して地元自治体が阿弖流爲の首塚として顕彰する姿勢を見せ、先述のように郷土史ガイドや教科書の副読本、はては教科書そのものにまで根拠のない首塚説を掲載するようになっていったのである。これは当時の市長が強く望んだためとされているが、真相はヤブの中で、ひとつの大きなミステリーとなっているのだ。

 歴史は重く真剣に受け止めねばならないのに、無縁史跡のような軽い(自由な)存在には耐えられないと受け止めるか?

 あるいは、その軽さや自由さこそがミステリーの、ひいては歴史の面白さなのか?

 それこそ、歴史が審判を下すテーマではあろう。

(了)

http://npn.co.jp/article/detail/21014214/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

『真田丸』の録画を消した63歳男性、妻と離婚協議に発展

rikon_image2.jpg
【時にうっかりミスが離婚原因にもつながる?】

 夫婦関係のもつれは、いつの時代もどこから始まるかわからない。だが、最近では「えっ、こんなことで!?」と耳を疑いたくなるような理由で妻から三行半を突きつけられる夫が増えているという。

 離婚を切り出すのは、多くの場合「女性」のほうだ。もちろん、妻が離婚という大きな決断に至るには、それまでに積もりに積もった様々な不満があるのだろう。しかし、最後に背中を押す「きっかけ」となるのは驚くほど理不尽な理由であることが少なくない。

 今回、本誌は多くの「バツイチ中高年男性」に取材。突如妻から突きつけられた耳を疑うような「離婚理由」を集めた。

◆録画番組を消した

 ハードディスクの録画番組を巡って離婚沙汰になってしまったのはA氏(63)だ。

「いつも妻は大河ドラマを見ないので、『真田丸』の録画は自分が見た後に消していました。するとある日妻に『私も大河見たいな。録画してあるんでしょ? 見せて』といわれて。消してしまったことを告げたら、『何で勝手に消すのよ! 一緒に見ようという気持ちはないの!?』と怒鳴られてしまった」

 この夫婦、現在離婚協議中だという。

◆「通帳を見せて」という

 現役時代は妻に家計を任せきりだったB氏(68)。定年後、老後資金が気になったので妻に「通帳を見せて」といったのが運の尽きだった。

「『私が家計をやりくりしているのを信じてくれないのね』といわれて離婚話に。皮肉にも、離婚の段になって初めて自分の財産を知りました」(B氏)

 ここまで紹介してきたのは氷山の一角に過ぎない。理不尽な理由で“おひとり様”になってしまった男性はまだまだいる。

 彼らのようにならないために、我々が日頃から心掛けなければいけないことは何なのか。日本の夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏はこうアドバイスする。

「定年になったからといって夫が生活習慣を変えるのはそう簡単ではありません。

 大切なのは言葉で『ありがとう』ということです。プレゼントを贈るということなどではなく、掃除や洗濯など、何気ない日常生活の行動の際に感謝の言葉を口にすることが大切。そうすることで、行動が伴わなくとも、妻のイライラはかなり緩和されます」

 勇気を持って妻に「ありがとう」と伝えることこそ幸せな夫婦生活を送るカギなのだ。

※週刊ポスト2017年3月24・31日号

http://www.news-postseven.com
/archives/20170321_501524.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

貧困ビジネスの必要悪な側面――お金を持つと酒やギャンブルに使ってしまう生活保護受給者もいて…

2fe06efa5ab0fba195147da9c3e5109f_s-300x225.jpg
 受給者を施設に押し込め、生活保護費をかき集める……。そんなイメージのつきまとう貧困ビジネスだが、内側からの景色は少々違うようだ。実際に生活保護を受けながら、貧困問題をテーマに取材活動をするジャーナリスト・長田龍亮氏はこう語る。

「貧困ビジネスは悪く言われますが、ある意味で必要悪な側面もあるんです。世の中には金銭感覚がズレていて、お金を持つと、ある分だけ酒やギャンブルに使ってしまう人もいます。僕が最初に入った施設では一度に小遣いを渡すとそのお金を持って飛んでしまう人もいたので、毎日500円が各々に渡されていました。それとは別に月に一度、5000円の小遣いもあった。食費として月に4万円徴収されましたが、これも考え方次第。怠慢な生活を続けている人だと3食4万円は安く感じます」

 長田氏が貧困ビジネスに巻き込まれたのは偶然だった。フランスでの放浪~ホームレスシェルターを経て、帰国。関東で住み込みの仕事を探していると、「土木関係の仕事がある」と誘われた。そうして、面接に向かった先が「ユニティー出発(たびだち)」という貧困ビジネスを展開する低額宿泊施設だった。

「嘘の求人に釣られてしまったんです。実態は生活保護を食い物にした貧困ビジネスで、2畳半の劣悪な宿舎が用意されました。貧困ビジネスの最大の特徴は、仕事を探すのがNGなこと。この施設もそうでした」

 ただ、この生活が嫌になって逃げたとしても、誰も止めはしないという。たとえ上野や新宿といった場所で勧誘者が“逃亡者”を見つけても問いただすこともない。本人の意思次第で退所することも構わないのだ。

「各自の役割といえば、毎日決まった時間に掃除するだけで、あとは何もすることがない。それで三食付きですし、部屋ごとにテレビもありました」

https://nikkan-spa.jp/1289831

貧困ビジネスの必要悪な側面――お金を持つと酒やギャンブルに使ってしまう生活保護受給者もいて…の続きを読む

続きを読む

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

穴党じゃダメなんですか?

YoutubeJapan ユーチューブジャパン

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア