Twitterボタン
Twitterブログパーツ 大盛りあがりGO お酒・グルメ

ペヤングか、UFOか、やきそば弁当か? 好きな「カップ焼きそば」ランキング!

1497597679851702.jpg
 日本が誇るインスタント食品の代表格といえば、「カップ麺」。中でもカップ焼きそばは、人気カテゴリーの一つとして定着しています。日本で最初に販売されたインスタント焼きそばは「カップ」タイプではなく、1963年に登場した袋麺の『日清焼そば』。カップタイプの焼きそばが発売されたのは、70年代に入ってからでした。カップ焼きそばの登場は、各社の競争を呼び、さまざまな新商品が発売されることに。現在では定番のソース味だけでなく、激辛や塩味、最近ではチョコレート味やショートケーキ味といった“スイーツ系”の味なんてものまで登場して話題になりました。

 各社から趣向を凝らした商品が発売されているカップ焼きそば。今回は、実際にどの商品が人気なのかをリサーチしてみました。全国各地の男女100人に調査した「あなたの一番好きなカップ焼きそば」の結果を、ランキング形式で紹介しましょう。

 第3位(11%)は、『明星 一平ちゃん夜店の焼そば』(明星食品)。同商品が誕生したのは、カップラーメン『一平ちゃん』の発売から2年後の95年のこと。同社公式サイトによると「平成の時代で一番になる」という願いを込めて「一平ちゃん」と名づけられたそうです。「からしマヨネーズ」が付属している点が特徴で、この味に魅了されたファンは大勢いるようですね。2010年には、マヨネーズパックの切り口を改良。「マヨビームノズル」と名づけられ、マヨネーズが細く、きれいにかけられるように進化しています。

 続いて第2位(13%)にランクインしたのは、『ペヤング ソースやきそば』(まるか食品)です。1975年に発売されたこの商品は、当時、円形のパッケージばかりの中、初めて四角形のパッケージを採用。他社との差別化を図りつつ、屋台の焼きそばの容器をモチーフに開発されたそうです。それ以外にも「液体ソースの導入」「具材のパック包装」など、今では業界標準になった技術をいち早く取り入れた画期的な商品でした。そしてペヤングの焼きそばといえば、「チョコレート味」や「ペペロンチーノ風」など、個性が際立つ商品ラインナップも特徴です。これは業界に革命を起こしてきた、まるか食品ならではの“こだわり”なのかもしれませんね。

 そして、栄えある第1位(29%)に輝いたのは『日清 焼そばU.F.O.』(日清食品)でした。76年に発売され、当時の人気アイドルだったピンク・レディーをCMに起用したことで爆発的な人気商品に。当時、カップ焼きそばの60%を超えるシェアを獲得したそうです。UFO(未確認飛行物体)のような円型の容器が特徴ですが、公式サイトによると由来は「U=うまい、F=太い、O=大きい」の略とのこと。発売当初は、静岡県以東の東日本版と愛知県以西の西日本版の2種類がありましたが、現在は西日本版に統一。定期的に麺や味をリニューアルするなど、王者の地位に甘んじることなく、ブラッシュアップが続けられているようです。

 次に、地域別の人気商品も紹介しましょう。北海道の人から最も人気だったのは『マルちゃん やきそば弁当』(東洋水産)。付属する粉末スープを麺に注いだお湯で溶かすと中華スープになるのが特徴です。東北、関東、北陸、中部地方では、人気商品が比較的バラける結果になりました。そして関西地方では、『日清 焼そばU.F.O.』が圧倒的な人気。日清食品の創業は大阪ということもあり、絶大な支持を集めていました。同商品の味は西日本向けに作られているためか、関西だけでなく中国地方や四国地方でも多くのファンがいるようです。

◆好きな「カップ焼きそば」ランキング
第1位(29%):日清 焼そばU.F.O.
第2位(13%):ぺヤング ソースやきそば
第3位(11%):明星 一平ちゃん夜店の焼そば
第4位(7%):マルちゃん 昔ながらのソース焼そば
第4位(7%):マルちゃん やきそば弁当
第6位(6%):日清 ソース焼そばカップ
第7位(4%):サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば

 皆さんの好きなカップ焼きそばは、何位にランクインしていたでしょうか。同じカップ焼きそばでも、各社ごとに特徴が異なるのが面白いところです。まだ食べたことのない商品も、一度食べ比べてみれば、新たなお気に入りが見つかるかもしれませんね。


アンケートサイト「ボイスノート」調べ
http://www.voicenote.jp/
https://taishu.jp/detail/28257/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

吉野家、富士そば、餃子の王将…有名チェーン店「激ウマ裏メニュー」知っ得情報

私は牛丼は味の好みなら断然、吉野家派ですが、よく行くのは近所の松屋wwww
松屋に行くと牛丼のアタマ大盛り食べるのがいちばん多いかな。
吉野屋と違って、いろんなソースや七味なんかも置いてあるし。
けど、牛丼だけならトータルで吉野家の味がいちばん気に入ってます。

1501660784417290.jpg
王将、吉野家、鳥貴族……俺たちの味方を100倍楽しむ秘伝を伝授。全店共通の隠れレシピから限定店舗だけの“幻の一品”まで!

 腹が減ったときに無性に恋しくなるのが、牛丼や居酒屋などのチェーン店。知らない土地であろうと同じ味、同じ品質のものが食べられる安心感は絶大だ。だが、知っているだろうか? 同じ看板を掲げてはいても、その存在を知る者しか食べられないメニューがあることを……。

「チェーンだからすべてが画一的というわけでもなく、実は、限られた店舗でしか食べられなかったり、知っている人しかオーダーしない“裏メニュー”が存在することもあるんです」(食ライターの徳山幾多郎氏)

 聞き捨てならないぞ……というわけで、その“幻のメニュー”を、いざ探索!

 まずは、牛丼チェーンの雄・吉野家。街でオレンジの看板を見た瞬間に腹が鳴ったことのある人も多いだろう。だが、実は一部に“裏の吉野家がある”という。

「看板も外装も黒い“黒吉野家”が、全国に何店舗かあるんです。なぜか公式にアナウンスされていない、まさに“幻の店舗”なんですよ」(前出の徳山氏)

 それは気になる……だが、たとえば京都などで周囲の街並みと合わせて看板の色をおとなしくするような、景観保全の一環なのでは?

「ですが、うち1店舗があるのが、オタクの聖地・秋葉原ですからね。あんなハデな街で、そんな取り決めはないでしょう」(前同)

 百聞は一見にしかずということで、徳山氏と秋葉原へ。JRの駅のほど近く、確かにその店舗は実在した。店内に入ると、今風にモダンな内装ではあるものの、他に変わった点は見当たらない。「?」と思いつつメニューを開くと「から揚げ丼」という見慣れない名前が。近年「牛すき鍋」「豚カルビ生姜焼丼」など新たな試みを続ける吉野家だが、こんなものは見たことがない。

「これが“黒吉野家”の秘密です。きっと、ここは新規メニューがアリかどうかを確かめる“実験店舗”なんですよ」(同)

 他にも、牛丼にから揚げが乗った「から牛」、てりやきソースを絡ませた「てりたまから揚げ丼」、タルタルソースがドカッとかかった「タルタルから揚げ丼」などがある。さっそく、記者は「から牛」を、徳山氏は「タルタル」を注文。提供された丼には、牛丼に紛う方なきから揚げが乗り、さらにキャベツの千切りと、別途でマヨネーズの包装も。

「ごはんと一緒に肉を豪快にかき込む」というのが牛丼の醍醐味だが、から揚げでできるかな? と思ったものの、ひとくちかじってから瑞々しいキャベツと一緒にガガッとかき込めば、牛丼とはまた違った絶妙な、から揚げの濃い味とシャキシャキ感のハーモニー。

「これは、イケる……!」見れば、徳山氏も隣でうなずくことしきり。タルタルのほうは、より甘みとコクが加わるようだ。

「手軽にガッツリいきたい人にはぴったりですね。から揚げを揚げるフライヤーの導入や揚げ時間などのハードルはあるでしょうが、ぜひ頑張って提供店舗を広げてほしいです」(徳山氏)

 そう、こうした限定メニューはしばしば「設備やオペレーションを増やさねばならず、コストも時間もかかる」という難点があり、なかなか一気には広がらない。逆に、それゆえの“裏メニュー”とも言えるのだ。

 吉野家が牛丼の雄なら、そばチェーンの盟主とも言える富士そばにも、同様の裏メニューがある。

「そば屋なのに、本格ラーメンが出てくる店舗があるんですよ」(前同)

「そばか、うどんか」を聞かれることはあっても、ラーメンとは、これいかに? さっそく、その限られた店舗の一つ、JR代々木駅前店へ。確かに、店頭には「煮干しラーメン」のポスターが貼られている。券売機で「ラーメン」のボタンを押し、食券を出して待つこと3分。本当にラーメンが出てきた……!

 具はチャーシューとメンマ、ワカメに味玉、そして、もう見ることが少なくなったナルトが入っているのがうれしい。麺はツルツルでコシも十分、スープのほうも、しっかり取られた煮干しダシが効いた濃厚なもの。十分に満足できる味だ。ホームページで提供店舗を公開しているので、一度は食べておくべきだろう。

 麺といえば、たっぷり野菜でヘルシー派に人気の長崎ちゃんぽんチェーン、リンガーハットにも、幻のメニューが存在する。

「こちらは他とはやや趣が違い、ちょっとした高級路線。なんと、1200円の“ふかひれ姿煮ちゃんぽん”なんです」(徳山氏)

 通常のちゃんぽんとは違い、醤油ベースで、他の具は水菜にもやしだけとシプルに抑えた上品な裏メニュー。提供店舗も、銀座や横浜、神戸などハイソなイメージの場所が目立つ。

https://taishu.jp/detail/28933/

吉野家、富士そば、餃子の王将…有名チェーン店「激ウマ裏メニュー」知っ得情報の続きを読む

続きを読む

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

まぜまぜザクザクおいしさイナズマ級! 「マックフルーリー ブラックサンダー」が誕生

cf39a_1500_7ff4f38f_e4f35781.jpg
日本マクドナルは、有楽製菓の人気菓子「ブラックサンダー」とコラボした「マックフルーリー ブラックサンダー」を8月16日から9月中旬まで全国の店舗で販売する。価格は単品290円(税込)となる。

「マックフルーリー」が、ザクザク食感とチョコレートの絶妙なバランスや30円のお手頃価格で人気の「ブラックサンダー」と初めてコラボ。「マックフルーリー ブラックサンダー」では、濃厚なソフトクリームに「ブラックサンダー」のココアクッキー&プレーンビスケットと、冷えて固まるチョコソースをミックスして「ブラックサンダー」の味わいを再現した。なめらかな口当たりとザクザク食感のコントラストに加え、「ブラックサンダー」そのものの味わいと食感に冷たさが加わったイナズマ級の美味しさを楽しむことができる。

また、「ブラックサンダー」のロゴを採用した特製パッケージも用意。特製パッケージは数量限定で提供される。

http://news.livedoor.com/article/detail/13455846/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

歯触りサクッ、お湯注ぐだけでカツカレー 通販で発売へ

m_ASK7P3RYTK7PULFA005.jpg
アサヒグループ食品の「チキンカツカレー」(同社提供)

(朝日新聞)

 フリーズドライ食品ブランド「アマノフーズ」を販売するアサヒグループ食品は、お湯を注いでつくる「チキンカツカレー」を25日、通信販売で発売する。3千セットの数量限定。お湯を140ml注ぎ1分間かき混ぜるだけで、サクッとした歯触りのチキンカツ入りのルーができるという。2食入りで、販売価格は税抜き1111円。
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/
business/ASK7P3RYTK7PULFA005.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

カレーか、しょうゆか、シーフードか?『日清カップヌードル』一番好きな味ランキング!

むか~し、シーフードカレーって、あったよねえ。あと、天そば。
エビチリとかも、あったかな。
でも、定番の3種は昔から根強い人気ですよね。

1497575907026363.jpg
 日清食品が世界に誇るインスタントラーメンといえば、『カップヌードル』。日本をはじめ、世界80か国以上で販売され、昨年に世界累計販売400億食を達成した大ヒット商品です。誰もが、一度くらいは口にしたことがあるのではないでしょうか。

 日清食品は、創業者である安藤百福氏が、大阪府泉大津市に設立した「中交総社」がルーツ。1958年に日清食品となり、同年、世界初のインスタントラーメン『チキンラーメン』を発売しています。『チキンラーメン』はまたたく間に大人気商品となり、その後も袋入り焼きそば『日清焼きそば』、袋入りラーメン『出前一丁』などラインナップが増えていきました。

 そして、ついに71年9月、世界初のカップ麺である『カップヌードル』を発売。同年の11月には、東京銀座の歩行者天国で宣伝販売を実施し、わずか4時間で2万食を売り尽くしたそうです。オリジナルのしょうゆ味を皮切りに、シーフード、カレー、チリトマトなど、さまざまなバリエーションが登場。95年には国内販売累計100億食を突破し、発売40周年となる2011年には200億食を超える超ロングセラー商品となりました。

 そんなカップ麺業界の巨人『カップヌードル』は、現在もいろいろなラインナップが販売されています。そこで今回は、全国各地の男女100名に「一番好きな『カップヌードル』の味」をリサーチしてみました。

 まず、第3位(28%)に選ばれたのは、『カップヌードルカレー』。オリジナルの『カップヌードル』が発売されて2年後の、1973年に販売開始されました。野菜の甘みがついた、とろみのあるカレースープが特長で、カレーがよく絡むよう、他の商品と比べて麺が太めになっています。具材のジャガイモのアクセントも絶品ですよね。

 続いて第2位(32%)は、オリジナルの『カップヌードル』が選ばれました。説明不要の“ブランドの顔”ともいえる商品で、コショウのきいたしょうゆスープが特長。何回食べても、まったく飽きのこない味です。オーソドックスかつシンプルなので、“ちょい足し”アレンジもぴったり。定番の安心感が際立つ一品です。

 そして第1位(33%)に輝いたのは、『カップヌードル シーフードヌードル』。84年に発売され、ポークと魚介のうまみと凝縮した白濁スープが特長。具材にはイカやカニ風味のカマボコ、キャベツなどが使われています。ちなみに、フィリピンでは『シーフードヌードル』が一番人気だそうで、現地の国際空港の免税店でも販売されているほどです。

 以上が人気ベスト3の結果ですが、28%、32%、33%と、上位の支持率には大きな差はなく、まさに“三つどもえ”の人気と言えそうです。今回、第4位は『カップヌードルしお』でしたが、得票率はわずか4%。上位3強がいかに圧倒的だったか分かりますね。

 手頃な価格、手軽な調理法、そして何より安定したおいしさを提供してくれる『カップヌードル』。今や、私たちの生活に欠かせない存在と言っても過言ではないでしょう。

アンケートサイト「ボイスノート」調べ
http://www.voicenote.jp/


https://taishu.jp/detail/28243/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

ネットユーザーが選んだ人気温泉地ランキング ❤ じゃらん ❤

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア